Rakuten infoseek

辞書

pH

朝日新聞掲載「キーワード」

pH
水素イオン指数。ピーエイチ(英語)、ペーハー(ドイツ語)と読む。pH7が中性で、それより小さいと酸性を、大きいとアルカリ性を示す。値が7から離れるほど、酸性、アルカリ性が強くなる。
(2008-05-25 朝日新聞 朝刊 大特集C)

出典:朝日新聞掲載「キーワード」

世界大百科事典 第2版

ピーエッチ【pH】
水溶液中の水素イオンの濃度をCHmol/lとし,CH=10Xで表すとき,Xを水素イオン指数hydrogen ion exponentまたは水素指数hydrogen exponentという。その記号累乗(またはべき)power頭文字のpと水素HをとりpHと書き,ピーエッチまたはペーハーと呼ぶ。pHの概念は1909年にデンマークの生化学者セーレンセンS.P.L.Sørensen(1868‐1939)によって提案された。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

ぴーえっち【Ph】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

ぺーはー【pH】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

PH
pinch hitter
野球で、代打。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

pH
ドイツ Potenz H
水素すいそイオン指数しすう

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

pH
ペーハー
溶液中にある水素イオンのモル濃度の逆数の常用対数記号。ピーエイチ,水素指数ともいう。すなわち水素イオンのモル濃度を[H+]とすると,-log[H+]で表される。
1909年にデンマークの生化学者 S.P.L.セーレンセンによって定義された。1気圧,25℃の水溶液では pH値 0~7が酸性,7が中性,7~14がアルカリ性を示す。(→水素イオン濃度

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

pH
ピーエイチ
pH」のページをご覧ください

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ピー‐エッチ【pH】
〘名〙 水素イオンの濃度を示す指数。ペーハー。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

化学辞典 第2版

pH
ピーエッチ

水素イオン指数(hydrogen ion exponent)の記号.[別用語参照]水素イオン濃度イオン指数

出典:森北出版「化学辞典(第2版)」
東京工業大学名誉教授理博 吉村 壽次(編集代表)
信州大学元教授理博 梅本 喜三郎(編集)
東京大学名誉教授理博 大内 昭(編集)
東京大学名誉教授工博 奥居 徳昌(編集)
東京工業大学名誉教授理博 海津 洋行(編集)
東京工業大学元教授学術博 梶 雅範(編集)
東京大学名誉教授理博 小林 啓二(編集)
東京工業大学名誉教授 工博佐藤 伸(編集)
東京大学名誉教授理博 西川 勝(編集)
東京大学名誉教授理博 野村 祐次郎(編集)
東京工業大学名誉教授理博 橋本 弘信(編集)
東京工業大学教授理博 広瀬 茂久(編集)
東京工業大学名誉教授工博 丸山 俊夫(編集)
東京工業大学名誉教授工博 八嶋 建明(編集)
東京工業大学名誉教授理博 脇原 將孝(編集)

Copyright © MORIKITA PUBLISHING Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

知恵蔵

pH
水素イオン指数」のページをご覧ください

出典:(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」

日本大百科全書(ニッポニカ)

pH
ぴーえいち

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

pH」の用語解説はコトバンクが提供しています。

pHの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.