Rakuten infoseek

辞書

WTI【だぶりゅうてぃあい】

デジタル大辞泉

ダブリュー‐ティー‐アイ【WTI】[West Texas Intermediate]
West Texas Intermediate》⇒WTI原油

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

FX用語集

WTI
WTIとは世界最大規模の先物市場と言われているニューヨークマーカンタイル取引所(NYMEX)にて取引されている原油先物です。WTIはウエスト・テキサス・インターミディエート(West Texas Intermediate)の略ですが、Intermediate(日本語訳は媒介物)の名の通り硫黄分が少なく、ガソリンを多く取り出せるほどの高品質となっております。日々の取引量は日量8,000万バレルと言われる世界の原油供給量を超える1億バレル分に達すると言われております。単位である「バレル(barrel)」の語源は「樽」であり、1バレルが約159リットルとなっているのは、かつて取引に用いられていた樽の容積が約159リットルであったことに由来するとされています。

出典:(株)外為どっとコム
(C)2002-2010 Gaitame.com Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

WTI
〖West Texas Intermediate〗
西部テキサス原油。アメリカが産出する代表的原油で世界の原油市況の指標となる。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

WTI
ダブリュティーアイ
West Texas Intermediate
アメリカ合衆国テキサス州を中心に産出される,低硫黄で,ガソリンの製造に適した軽質な原油の総称。ウェスト・テキサス・インターミディエイト。オクラホマ州クッシングの石油集積所で受け渡しされるほか,1983年には WTI先物がニューヨーク・マーカンタイル取引所に上場され,以降,WTI原油先物価格が世界の原油価格の指標として使われてきた。近年では,WTI原油の生産量は日量約 40万バーレルと減少している。他方,WTI先物の取引量は日量約 1億バーレルと大きく,価格が急騰あるいは急落しやすいことが指摘された。このため,実際に取り引きされているのは軽質・低硫黄原油先物となっている。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

WTI」の用語解説はコトバンクが提供しています。

WTIの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.