Rakuten infoseek

辞書

VoIP【ボイップ】

パソコンで困ったときに開く本

VoIP
「Voice over IP」の略称です。インターネット・プロトコル(IP)で音声を伝送する方式のことで、IP電話の基本技術のひとつです。
⇨IP、IP電話

出典:(株)朝日新聞出版発行「パソコンで困ったときに開く本

デジタル大辞泉

ブイ‐オー‐アイ‐ピー【VoIP】[voice over IP]
voice over IP》インターネットなどのTCP/IPネットワーク上で音声データを送受信する技術。またはその技術により音声通話をすること。ボイスオーバーIP。→アイピー(IP)

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

IT用語がわかる辞典

ブイオーアイピー【VoIP】
インターネットなどのIPネットワーク網を通じて、音声データをパケットに分割してリアルタイム伝送する技術。インターネット電話などに使われる。◇「voice over internet protocol」の頭文字から。

出典:講談社
(C)Kodansha 2011.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

VoIP
〖voice over internet protocol〗
インターネットのデータ通信のプロトコルで、音声データを転送、監視する技術。インターネット電話を可能にする。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

VoIP
ぶいおーあいぴー
通常の電話回線ではなく、インターネットやイントラネット上のIPネットワークを使用して、音声通話を行うための技術の総称。Voice over Internet Protocolの頭文字をとったものである。一般的に「IP電話」とよばれているものは、この技術を応用した電話通信をさす。アナログ音声をデジタル化して圧縮し、さらに一定の時間単位でパケットへと変換することで通常のデータ通信と同じ伝送路(ネットワーク)上で音声データのリアルタイムの送受信を可能にしている。[編集部]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

VoIP」の用語解説はコトバンクが提供しています。

VoIPの関連情報

関連キーワード

VJ圧縮TCP/IPTCPTCP/IPウィンドウサイズパーシステントコネクションnetstatOSI参照モデルプロトコルDHCP

他サービスで検索

「VoIP」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.