Rakuten infoseek

辞書

SXGA+【えすえっくすじーえーぷらす】

パソコンで困ったときに開く本

SXGA+
 パソコンの画面を、1400×1050ドットで表示するモードのことです。SXGAより少し表示能力が高いため、「+(プラス)」が付いています。ワイド表示のWSXGA+は、1680×1050ドットです。

出典:(株)朝日新聞出版発行「パソコンで困ったときに開く本

カメラマン写真用語辞典

SXGA+
 1400×1050ピクセルの解像度を指す。 SXGA を縦横それぞれ120、26ピクセル広げた。これによってアスペクト比が4:3となっているのが特徴。Super eXtended Graphics Array plusので、スーパーXGAプラスと呼ぶ。

出典:カメラマンWeb
解説は執筆時の情報に基づいており、現時点で最新の内容であることを保証するものではありません。

SXGA+」の用語解説はコトバンクが提供しています。

SXGA+の関連情報

関連キーワード

ワーツラフ4世信州大学オリジナルグッズじん肺診断ミノス文明ウェンツェル後入先出法チョーサー陳朝プラスチック耐火物ルプレヒト1世

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.