Rakuten infoseek

辞書

SN比【えすえぬひ】

デジタル大辞泉

エスエヌ‐ひ【SN比】
signal-to-noise ratio》有効な信号成分(シグナル)と雑音(ノイズ)成分との量の比率。電子工学や音響機材の分野で使われる。信号成分中に含まれる雑音の量を表し、この値が大きいほど信号の品質や機材の性能がよい。単位はデシベル(dB)。また、品質工学の分野においても、製品のばらつきをノイズとみなし、同様の評価尺度として用いられる。信号対雑音比。S/N比。SNR

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

エスエヌひ【SN比 signal to noise ratio】
信号と雑音の比。一般に電気信号には希望する信号以外に不要な成分(雑音)が混入する。この不要成分の混入の度合を表す尺度がSN比で,ふつう信号電力と雑音電力の比の対数で表す。すなわち,信号電力をSとし,雑音電力をNとするとき,10log10(S/N)で表し,単位はdBである。例えば,現在のFM放送では,SN比は55dBを許容値としている。この値は,送信側で種々の番組の音質に対して平均的に要求される標準で,ピアノや話声などのように雑音が耳につきやすい番組では,60dB以上のSN比を確保することが望ましいとされている。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

SN比
エスエヌひ
signal to noise ratio
信号と雑音の電力あるいは電圧の比で,信号電力をSとし,雑音電力をNとするとき,10 log10 ( S/N ) で表し,単位はデシベル dBで表す。信号対雑音比の略。 SNR,S/N とも書く。たとえば SN比 60dBとあれば,信号電力が雑音電力の 106 倍,または雑音電力が信号電力の 10-6 倍 (100万分の1) であることを意味する。信号とは音声や音楽,通信符号,あるいはテレビジョンや電送写真の映像などの情報を電気的な量に変換したもので,通信伝送系 (電気回路系) を通して伝送されるものを総称する。雑音とは,これら伝送信号以外の好ましくない成分をいう。この信号対雑音比が大きいほどよいことは当然であるが,伝送する信号によって,その規格値が異なる。たとえば,ハイファイ音楽 (→ハイファイ音響再生 ) では,高い SN比を必要とするが,通信符号などでは,小さくても十分である。 SN比を不必要に大きく保つことは,経済的に問題があるので,それぞれの情報信号の性質によって適当な値で回路が設計される。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

SN比
えすえぬひ

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

SN比」の用語解説はコトバンクが提供しています。

SN比の関連情報

関連キーワード

雑音固定パターンノイズ如月 小春ポール フライシュマンSNRS/N比SN 比信号対雑音比ビデオカメラ

他サービスで検索

「SN比」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.