Rakuten infoseek

辞書

RNA【RNA/あーるえぬえー】

知恵蔵

RNA
糖部分にリボースをもつ核酸で、RNA塩基チミンがないかわりにウラシルが使われる。DNAの遺伝情報を転写したメッセンジャーRNA(mRNA:分子量5万)、リボソームの主成分であるリボソームRNA(rRNA:同50万〜200万)、アミノ酸リボソームに運ぶ転移RNA(tRNA:同3万)の3種が知られ、ふつうは1本鎖で存在する。ウイルスにはRNAを遺伝物質とするものがあり、レオウイルスのように2本鎖RNAをもつものもある。
(垂水雄二 科学ジャーナリスト / 2007年)

出典:(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」

栄養・生化学辞典

RNA
 リボ核酸アデニル酸グアニル酸シチジル酸ウリジル酸が重合したポリヌクレオチドで,他に少量の他の塩基を含むヌクレオチドが含まれることがある.生理的意義によってリボソームRNA (rRNA),トランスファーRNA (tRNA),メッセンジャーRNA (mRNA),5S RNAなどと分類される.タンパク質生合成においてそれぞれが重要な働きをしている.一部のウイルスでは遺伝子の本体.

出典:朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

アールエヌエー【RNA】
リボ核酸ribonucleic acid記。核酸のうち糖成分がD‐リボースであるものをいう。塩基としてはアデニングアニン,シトシン,ウラシルの4塩基(それぞれA,G,C,Uと略す)が主成分であるが,これらのメチル誘導体などの修飾塩基を微量含むこともある。DNA上の遺伝情報に基づいてタンパク質を合成する過程で,種々の重要な役割を果たす。高等動植物からバクテリアまでのすべての細胞に存在し,その分子の種類はバクテリアについてさえ,1000種類程度は存在するが,機能的にはメッセンジャーRNA,リボソームRNA,転移RNAなどに大別できる。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

RNA
ribonucleic acid
リボ核酸。リボースを含む核酸。塩基成分は主にアデニン・グアニン・シトシン・ウラシルの 4 種。植物ウイルス、一部の動物ウイルスおよび動植物細胞の核と細胞質に存在。リボソーム RNA・伝令 RNA・転移 RNA などがあり、一般に DNA を鋳型として合成され、タンパク質合成に関与する。ウイルスの中には、RNA を遺伝子としてもつものも多い。 → DNA

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

RNA
あーるえぬえー
リボ核酸ribonucleic acidの略称。五炭糖(ペントース)の一種であるリボースを含む酸性物質で、最初は細胞の核に存在すると考えられたため、このように名づけられた。[笠井献一]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

アール‐エヌ‐エー【RNA】
〘名〙 (ribonucleic acid の略) =リボかくさん(━核酸)

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

内科学 第10版

RNA
ribonucleic acid,リボ核酸

出典:内科学 第10版
©Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は原書刊行時(2013年)の時点での最新のものです.常に最新の内容であることを保証するものではありません。また,権利関係の都合で一部表示できない図や画像があります。

化学辞典 第2版

RNA
アールエヌエー

ribonucleic acidの略称.[同義異語]リボ核酸

出典:森北出版「化学辞典(第2版)」
東京工業大学名誉教授理博 吉村 壽次(編集代表)
信州大学元教授理博 梅本 喜三郎(編集)
東京大学名誉教授理博 大内 昭(編集)
東京大学名誉教授工博 奥居 徳昌(編集)
東京工業大学名誉教授理博 海津 洋行(編集)
東京工業大学元教授学術博 梶 雅範(編集)
東京大学名誉教授理博 小林 啓二(編集)
東京工業大学名誉教授 工博佐藤 伸(編集)
東京大学名誉教授理博 西川 勝(編集)
東京大学名誉教授理博 野村 祐次郎(編集)
東京工業大学名誉教授理博 橋本 弘信(編集)
東京工業大学教授理博 広瀬 茂久(編集)
東京工業大学名誉教授工博 丸山 俊夫(編集)
東京工業大学名誉教授工博 八嶋 建明(編集)
東京工業大学名誉教授理博 脇原 將孝(編集)

Copyright © MORIKITA PUBLISHING Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

アール‐エヌ‐エー【RNA】[ribonucleic acid]
ribonucleic acid》⇒リボ核酸

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

RNA
アールエヌエー
リボ核酸」のページをご覧ください

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

RNA」の用語解説はコトバンクが提供しています。

RNAの関連情報

関連キーワード

核酸RNA干渉リボ核酸マイクロRNARNAポリメラーゼメロー遺伝暗号ファイアー逆転写酵素核酸

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.