Rakuten infoseek

辞書

RDF【あーるでぃーえふ】

知恵蔵

RDF
家庭ごみをエネルギー的に有効利用する1つの形態。家庭から排出される生ごみ、紙、プラスチックごみなどを加熱・圧縮し、クレヨン状に固めた燃料。家庭ごみより熱量が高く、ごみを直接焼却するよりも、高温・均質な燃焼を確保しやすい。広域から収集可能で輸送しやすいという利点もあり、発電の燃料に利用できる。厚生省(現在は環境省所管)が補助金をつけて自治体に製造施設の建設を奨励したことから、1990年代後半から全国に広がった。RDFを利用する発電所は2001年4月に操業を開始した茨城県神栖町(現・神栖市)を始め全国に建設されたが、03年8月に三重県多度町(現・桑名市)の県の発電施設で7人の死傷者を出す火災爆発事故が発生。その後の国の調査で、全国の同様な施設で計32件の事故・異常が起きていたこと、また大量のRDFを長期間積み上げて保管すると発熱・発火に至ることが判明した。04年、消防庁はRDFを石炭などと同等の指定可燃物に指定し、環境省も製造や保管施設に安全上の基準を示した。
(植田和弘 京都大学大学院教授 / 2007年)

出典:(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」

デジタル大辞泉

アール‐ディー‐エフ【RDF】[refuse derived fuel]
refuse derived fuel》⇒ごみ固形燃料

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

アール‐ディー‐エフ【RDF】[radio direction finder]
radio direction finder》無線方向探知機。無線方位測定機。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

アール‐ディー‐エフ【RDF】[resource description framework]
resource description frameworkウェブサイトを利用する異なるアプリケーションソフトどうしが、データ交換を可能にするための枠組み。WWWコンソーシアムで標準化がはかられている。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

アール‐ディー‐エフ【RDF】[reality distortion field]
reality distortion field》⇒現実歪曲フィールド

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

RDF
〖radio direction finder〗
無線方向探知機。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

RDF
〖refuse-derived fuel〗
可燃ごみを利用した固形燃料。ごみを粉砕し、腐敗防止のために石灰などを混ぜて圧縮加工したもの。固形化燃料。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

RDF
〖resource description framework〗
ウェブにおける標準的なメタデータ(データの意味について記述したデータ)の記述に関する仕様。XML を記述言語とし、メタデータの構造と記法を規定する。1999 年に W3C が勧告。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

図書館情報学用語辞典

RDF
W3Cが開発した規格で,情報資源の標準的記述方式.RDFは,機械が解析できる構造と,資源・プロパティタイプ・値を結び付けたシンタックスをメタデータに提供する.また,相互運用性の高いXMLを採用し,ダブリンコアを始めとするさまざまなメタデータを組み込んで記述することができる.記述対象となる資源は一つのウェブサイト全体であってもその一部であってもよいし,さらにはウェブ経由で直接にはアクセスできないもの(例えば図書)であってもよい.1999年にW3Cから正式に勧告された.

出典:図書館情報学用語辞典 第4版
©All Rights Reserved, Copyright Nihon Toshokan Joho Gakkai, 2013 編者:日本図書館情報学会用語辞典編集委員会 編
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

RDF」の用語解説はコトバンクが提供しています。

RDFの関連情報

関連キーワード

XMLRDFHTMLHTML5マスエムエルXMLXHTMLJAXMスキーマODF

他サービスで検索

「RDF」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.