Rakuten infoseek

辞書

QCサークル【キューシーサークル】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

QCサークル
キューシーサークル
QCとは品質管理 quality controlの略。 QCサークルとはおもに現場の作業層が製品の品質管理や作業能率の改善などのためにアイディアを出し合い議論する小集団をさす。統計的品質管理の手法はアメリカで生れたが,戦後デミング博士などの指導で日本に導入されると,日本ではアメリカと異なり品質管理担当者以外の幅広い層の活動に変っていった。 1962年に日本の QCサークルは公式に誕生したが,1970年代後半からは海外にも紹介され,ブームを招来した。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

流通用語辞典

QCサークル【quality control circle】
同じ職場の中で、品質管理活動を自主的に進める集団のこと。規模はだいたい10人まで。全員がサークルリーダー、書記などの役割を分担し、職場の問題点の改善や、よい状態を維持するための管理活動を、QC手法を活用して自主的に実践する。わが国独自のもので、この活動により第一線の営業マンなどを活気づけ、全社的改善運動としてのTQCが成果をあげえたといえる。

出典:(株)ジェリコ・コンサルティング
Copyright (C) 2010 by Jericho Consulting Co.,Ltd. All Rights Reserved
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

QCサークル」の用語解説はコトバンクが提供しています。

QCサークルの関連情報

関連キーワード

ASQ最低基準QC品質管理ものづくりシニア六甲バターIQアクオスAQLHQCD

他サービスで検索

「QCサークル」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.