Rakuten infoseek

辞書

POS【ぽす】

日本大百科全書(ニッポニカ)

POS(ポス)
ぽす
point of salesの頭文字をとった略号。商品流通の最先端部分の意で、直接顧客と商品のやりとりを行う現場をさす。情報処理システムでは、POSにおける事務処理を自動化かつ迅速化するためのシステムが、デパートやスーパーマーケットを中心として広く適用されつつある。これをPOSシステムまたは単にPOSとよんでいる。POSシステムでは、まず商品と金銭の受け渡しを行うレジスターにおいて、商品名、数量、価格などのデータを自動採集して、その信号をキャッシュレジスターに送って勘定のトータルを計算すると同時に、売上情報を、販売・仕入れ・在庫等を管理するホストコンピュータに送る。商品のデータを採集するには、バーコードを商品につけておき、バーコードリーダーで品名コードその他の情報を読み取る方式が一般に採用されている。バーコードリーダーとキャッシュレジスターを統合した端末装置を、とくにPOS端末とよぶことがある。
 POSシステムは、単にレジスターの勘定の集計をバーコードリーダーを使って行うだけでは意味がないのであって、取扱い商品の各品目ごとに、現在の在庫量、発注残高を即時に把握し、また各品目の売上実績から顧客の商品嗜好(しこう)を分析するなどして、経営戦略の参考にするなどの総合的経営情報システムに直結して初めてその効果が発揮される。POSシステムを効率よく運用させるためには、品名コードの標準化の問題、POS端末操作員の教育と作業環境の問題、バーコードリーダーなどの自動読取り装置の操作性の問題、また誤読率をいかに減らすかという装置の性能向上の問題、採集した膨大なデータをどのように集計、分析、管理するかの問題などに取り組む必要がある。[小野勝章]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

POS」の用語解説はコトバンクが提供しています。

POSの関連情報

関連キーワード

FWAボルツLINKSFA売上高成長率特殊販売sales pointPOSシステム端末装置POS

他サービスで検索

「POS」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.