Rakuten infoseek

辞書

NADP【エヌエーディーピー】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

NADP
エヌエーディーピー
nicotinamide adenine dinucleotide phosphate
ニコチンアミド・アデニン・ジヌクレオチド・リン酸の略称。補酵素の一種。ニコチンアミド・アデニン・ジヌクレオチド NADは,(ニコチンアミド) - (リボース) - (リン酸) - (リン酸) - (リボース) - (アデニン) の構造をもつが,この第2のリボースの 2' -水酸基に,リン酸がエステル結合したのが NADPである。 NADと NADPは,ともに生体の酸化還元反応,脱水素反応で水素 (正確にはヒドリドイオン) を授受する補酵素であるが,酵素ごとにどちらの補酵素と共役するかが厳密に決っており,NADPは解糖系のペントースリン酸回路光合成系の光リン酸化系,小胞体の水酸化酵素系などで利用される。酸化型はニコチンアミド部分がピリジニウムイオンとなりプラスの電荷をもつので NADP+ ,還元型はその電荷がヒドリドイオンで中和されるので,NADPHと表記される。両者の相互変換反応は NADP++2H⇔NADPH+H+ である。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

エヌ‐エー‐ディー‐ピー【NADP】[National Association of Disaster Prevention]
National Association of Disaster Prevention》全国防災協会。災害防止や災害復旧に関わる事業促進をはかる。昭和29年(1954)設立

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

NADP

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

えぬえーでぃーぴー【NADP】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

NADP
えぬえーでぃーぴー
酸化還元酵素の補酵素の一つ。ニコチンアミドアデニンジヌクレオチドリン酸nicotinamide adenine dinucleotide phosphateの略で、補酵素(Co)、トリホスホピリジンヌクレオチドtriphosphopyridine nucleotide(TPN)などともよばれた。化学式C21H29N7O17P3、分子量744.413。還元型はNADPHで、酸化型と還元型の変換様式はNADと同一である。1934年ドイツの生化学者O・H・ワールブルクらが、哺乳(ほにゅう)類の赤血球中においてグルコース6-リン酸を好気的に酸化する系でNADPが必要であることを示し、さらにNADPは酵母がグルコースをエタノールに変える系に必要なコチマーゼcozymase、すなわちNADに変わりうることを発見した。NADPはNADから誘導されたもので、構造は基本的にはNADと共通であり、アデニンリボース部分の2'-ヒドロキシ基にさらにリン酸がエステル結合している。ATP(アデノシン三リン酸)からのリン酸基の転移はNADキナーゼ(NAD kinase)が触媒する。多くの還元的な生合成における電子供与体はNADPHである。
 哺乳類ではニコチン酸アミドまたはニコチン酸から生合成され、その欠乏はヒトでは皮膚炎、下痢と認知症をおこす。それがペラグラとよばれる疾患である。NADPは補酵素として、多くの脱水素酵素(デヒドロゲナーゼ)が触媒する酸化還元反応の水素受容体として働く。これらの酵素の多くはNADまたはNADPのいずれかに特異性をもつが、ピリジンヌクレオチド依存性の酸化還元酵素のいくつかは、この両補酵素に対して特異性の明らかでないものがある。[有馬暉勝・有馬太郎・竹内多美代]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

内科学 第10版

NADP
nicotinamide adenine dinucleotide phosphate,ニコチンアミドアデニンジヌクレオチドリン酸

出典:内科学 第10版
©Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は原書刊行時(2013年)の時点での最新のものです.常に最新の内容であることを保証するものではありません。また,権利関係の都合で一部表示できない図や画像があります。

化学辞典 第2版

NADP
エヌエーディーピー

nicotinamide adenine dinucleotide phosphateの略称.[同義異語]ニコチンアミドアデニンジヌクレオチドリン酸

出典:森北出版「化学辞典(第2版)」
東京工業大学名誉教授理博 吉村 壽次(編集代表)
信州大学元教授理博 梅本 喜三郎(編集)
東京大学名誉教授理博 大内 昭(編集)
東京大学名誉教授工博 奥居 徳昌(編集)
東京工業大学名誉教授理博 海津 洋行(編集)
東京工業大学元教授学術博 梶 雅範(編集)
東京大学名誉教授理博 小林 啓二(編集)
東京工業大学名誉教授 工博佐藤 伸(編集)
東京大学名誉教授理博 西川 勝(編集)
東京大学名誉教授理博 野村 祐次郎(編集)
東京工業大学名誉教授理博 橋本 弘信(編集)
東京工業大学教授理博 広瀬 茂久(編集)
東京工業大学名誉教授工博 丸山 俊夫(編集)
東京工業大学名誉教授工博 八嶋 建明(編集)
東京工業大学名誉教授理博 脇原 將孝(編集)

Copyright © MORIKITA PUBLISHING Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

栄養・生化学辞典

NADP

出典:朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

NADP」の用語解説はコトバンクが提供しています。

NADPの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.