Rakuten infoseek

辞書

NADH

栄養・生化学辞典

NADH

出典:朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

NADH

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

えぬえーでぃーえっち【NADH】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

NADH
えぬえーでぃーえいち
補酵素の一つ。NAD(ニコチンアミドアデニンジヌクレオチドnicotinamide adenine dinucleotide)の還元型。DPNH(ジホスホピリジンヌクレオチド)、補発酵素、補酵素(Co)などともよばれる。
 NADHとFADH2(還元型フラビンアデニンジヌクレオチド)は燃料分子の酸化におけるおもな電子の運び手である。化学栄養生物は、グルコースや脂肪酸などの燃料分子の酸化によってエネルギーを得る。好気性生物では、最終的な電子の受容体はO2(酸素)である。しかし、電子は燃料分子やその分解産物から直接O2に移されるのではなく、これらの基質は特定の担体(輸送体)に電子を移す。この担体はピリジンヌクレオチドpyridine nucleotideかフラビンflavinのどちらかである。次にミトコンドリアの内膜の電子伝達系によって、そのポテンシャル(エネルギー価)の高い電子をO2へ移す。これが次にATP(アデノシン三リン酸)合成へと進む。この経路は酸化的リン酸化(oxidative phosphorylation)とよばれ、好気性生物のATPのおもな供給源となっている。多くの還元的な生合成の電子供与体はNADPH、つまり還元型のNADP(ニコチンアミドアデニンジヌクレオチドリン酸)である。NADPHは、そのアデノシン部分の2'-ヒドロキシ基がリン酸でエステル化している点で、NADHとは異なる。[有馬暉勝・有馬太郎・竹内多美代]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

内科学 第10版

NADH
"reduced NAD, dihydronicotinamide adenine dinucleotide,還元型NAD,ジヒドロニコチンアミドアデニンジヌクレオチド"

出典:内科学 第10版
©Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は原書刊行時(2013年)の時点での最新のものです.常に最新の内容であることを保証するものではありません。また,権利関係の都合で一部表示できない図や画像があります。

NADH」の用語解説はコトバンクが提供しています。

NADHの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.