Rakuten infoseek

辞書

MRF【エムアールエフ】

デジタル大辞泉

エム‐アール‐エフ【MRF】[money reserve fund]
money reserve fund》証券総合口座として用いる、オープン型の公社債投資信託。1円以上1円単位で購入でき、毎日計上される収益は1か月分まとめて再投資されるので複利運用が期待できる。引き出しが自由で流動性が高いため、安全な高格付け債券、CP(コマーシャルペーパー)、CD(譲渡性預金)などの短期金融商品で運用される。証券会社が扱う金融商品を購入する際、代金に相当するMRFを売却して買い付けるという方法を取る。マネーリザーブファンド

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

投資信託の用語集

MRF

株式や投資信託等の購入、カード利用代金の引落、給与振込等に利用される証券総合口座用の投資信託で日々決算型の公社債投資信託の一つ。投資信託協会の規則において、投資先資産が制限されており、投資信託の中で最もリスクの低い運用を行っている投資信託と言える。(元本保証ではない)。

出典:(社)投資信託協会

大辞林 第三版

MRF
〖money reserve fund〗
証券総合口座。証券会社が設定している顧客口座の一。有価証券の取引や MMF・中期国債ファンドへの投資の管理および、給与振り込み・公共料金引き落としなどが総合的に処理できるもの。1997 年(平成 9)導入。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

MRF
えむあーるえふ
Money Reserve Fund
1997年(平成9)10月、証券総合口座用のファンドとして導入された公社債型の投資信託。信託期間は無期限である。証券総合口座では、おもに有価証券の売買用の資金を一時的にプールする目的で利用されるが、給与や年金などの受け皿やクレジットカードの決済口座としても活用される。1円以上1円単位でいつでも申し込むことができ、申込手数料はかからない。換金に際してMMF(Money Management Fund)のような制約がなく、いつでも無手数料で換金できることから、銀行の普通預金に類似した流動性の高い証券商品といえる。
 運用対象は、高格付けの公社債や譲渡性預金(certificate of deposit=CD)などの短期金融商品を中心に保守的に行われ、株式はいっさい組み入れない。毎日決算を行い、収益分配金は月末にまとめて再投資する、1か月複利方式で運用される。元本は保証されないものの、比較的安全性の高い金融商品である。[高橋 元]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

MRF」の用語解説はコトバンクが提供しています。

MRFの関連情報

関連キーワード

連邦準備制度証券総合口座公社債投資信託投資ファンドMMFマネー、マネー、マネー補語FRB

他サービスで検索

「MRF」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.