Rakuten infoseek

辞書

K点【ケーてん】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

K点
ケーてん
K-point(critical point)
ジャンプで使用されるジャンプ台 (シャンツェ ) の着地斜面に設けられた表示点。ドイツ語の建築基準点 Konstruktion PunktのKをとったもの。赤色でマークされ,これを境に傾斜の曲率が変わる。ジャンプ台の高さによって異なるが,通常ノーマルヒル 90m,ラージヒル 120m,フライングヒル 185mを上限とする。飛距離点を算出する基準であり,1回のジャンプでK点まで飛ぶと 60点。それ以上飛んだ場合,ノーマルヒルなら 1mを越えるごとに 2.0点,ラージヒルなら 1.8点ずつが加算され,K点を下回れば同様の点数が 1mごとに減点される。かつてはこれ以上飛ぶと危険な地点とみなされたが、技術の向上によって 2004年から限界点がヒルサイズ HSとして導入され,併記されるようになった。選手がヒルサイズを越えて飛ぶと,安全のため競技の続行について審議される。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ケー‐てん【K点】
《〈ドイツ〉Konstruktions Punktから。「建築基準点」の意》スキーのジャンプ競技で、そのジャンプ台の建築基準点のこと。着地斜面の傾斜曲率が変わる地点で、そこを基準として飛距離を計算する。
[補説]以前は、これ以上飛んでは危険だとされる極限点をK点といったが、現在はL点と呼ばれ、K点よりも遠くに設定されている。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

K点」の用語解説はコトバンクが提供しています。

K点の関連情報

他サービスで検索

「K点」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.