Rakuten infoseek

辞書

JavaScript【ジャバ スクリプト】

ホームページ制作用語集

JavaScript
Sun Microsystems社とNetscape Communications社が開発した、Webブラウザなどでの利用に適したスクリプト言語。主にWebブラウザ上で動作し、HTMLの動的書き換えや入力フォームの自動補完など、ウェブページの使用感向上を目的として使用される。

出典:(株)ネットプロ
Copyright© 2010 NETPRO Co., Ltd. All Rights Reserved
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

IT用語がわかる辞典

ジャバスクリプト【JavaScript】
スクリプト言語簡易プログラミング言語)のひとつ。サン・マイクロシステムズとネットスケープコミュニケーションズが開発。HTMLにプログラムを埋め込むことにより、ウェブブラウザーで実行される。ウェブページに動きや対話性のある表現が可能となる。◇略して「JS(ジェイエス)」ともいう。

出典:講談社
(C)Kodansha 2011.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

じゃばすくりぷと【JavaScript】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

JavaScript
じゃばすくりぷと
アメリカのネットスケープコミュニケーションズ社(1998年AOLにより買収)が開発したスクリプト言語。1995年に発表された。スクリプト言語とはコンピュータにおける処理手順を記述する簡単な言語のことで、JavaScriptはインターネットのウェブページをつくるための記述言語であるHTML内にテキストで書き込んで、ブラウザーで利用する。HTMLだけでは表現できない機能をウェブ上で実現できるものとして広く普及した。1997年にはECMA(ヨーロッパ電子計算機工業会)により、ECMAScriptとして標準化されている。Javaという名がついているが、プログラミング言語のJavaとは異なるものである。
 タイマーや日付表示、各種関数、カーソルの動きやクリックにあわせた画面の切り替え、各種計算、アンケートフォームやメール、印刷など、ウェブ上にさまざまな機能を付加することができる。[編集部]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

JavaScript」の用語解説はコトバンクが提供しています。

JavaScriptの関連情報

他サービスで検索

「JavaScript」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.