Rakuten infoseek

辞書

Java【ジャバ】

パソコンで困ったときに開く本

Java
プログラム言語のひとつです。Javaで作ったプログラムを動かす「実行環境」と呼ばれるソフトをあらかじめ機器に入れておくことで、同じソフトを機器やOSの種類を問わずに動かせる利点があります。
⇨プログラム言語

出典:(株)朝日新聞出版発行「パソコンで困ったときに開く本

朝日新聞掲載「キーワード」

Java
1995年に公開された。ウィンドウズやUNIXといった特定の基本ソフト(OS)によらず、動画やゲーム、業務用ソフトを動かすために使われている。日本オラクルのサイトによると、11億台のデスクトップ型パソコンや30億台の携帯電話のほか、ブルーレイディスクプレーヤーに使われているという。動くサイトづくりに多用されるジャバスクリプトは別の言語。
(2013-01-13 朝日新聞 朝刊 2社会)

出典:朝日新聞掲載「キーワード」

デジタル大辞泉

ジャバ【Java】[プログラミング言語]
米国の旧サン‐マイクロシステムズ(現オラクル)社が開発したインターネットプログラミング言語オペレーティングシステムやパソコンの機種に関係なく利用でき、動画・音声データ用のプログラムやインターネット上で使うワープロなどのソフトを開発することができる。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ジャバ【Java】[地名]

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

IT用語がわかる辞典

ジャバ【Java】
コンピューターのプログラミング言語のひとつ。1995年にサン・マイクロシステムズが開発。オペレーティングシステムやマイクロプロセッサーの種類にかかわらず、Java仮想マシンというソフトウェア上であれば実行できるのが特徴。◇インターネットの普及に伴い、ウェブブラウザーで動作する「Javaアプレット」というアプリケーションプログラムが広く利用されている。

出典:講談社
(C)Kodansha 2011.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

じゃば【Java】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

Java
ジャバ
中央処理装置 CPUやオペレーティングシステム OSなどの実行環境に左右されずに使えるオブジェクト指向のプログラム言語(→オブジェクト指向プログラミング)。アメリカ合衆国のサン・マイクロシステムズが 1995年に発表し,CC++との共通性,オブジェクト言語としての利便性,実行環境(プラットフォーム)に依存しないためインターネットに向いていることなどから世界中に広まった。Javaのソースコード(→ソースプログラム)は機械語に変換(コンパイル)されるとプラットフォームとは独立のコードに変換され,それぞれの OSに組み込まれた Javaインタープリタ(仮想コンピュータ)によって解釈されて実行される。このため,CPUや OSなどの違いに左右されることなくプログラムを扱えるので,多様なコンピュータが混在するインターネット環境では理想的なものとなっている。Javaで開発されたプログラムで,ブラウザなどで HTML文書内から参照されるものは「アプレット」,独立しているものは通常と同じく「アプリケーション」と呼ばれる。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

Java
じゃば
アメリカのサン・マイクロシステムズ社が開発したオブジェクト指向のプログム言語。従来よく使われていたプログラム言語を使用して開発されたプログラムは、Windows(ウィンドウズ)用とかMacintosh(マッキントッシュ)用というように、そのプログラムを動かす機種に依存する。しかし、Javaを使って開発すれば、Javaを動かせる条件さえあれば機種を問わず動かせる。Javaを動かすためには、WWWブラウザー(インターネット上の情報を閲覧するためのソフトウェア)などのアプリケーションにJavaのプログラムを解釈して実行する機能が組み込まれていたり、WindowsやMac OSのような基本ソフトウエア(オペレーティングシステム)のかわりに機器に直接組み込まれていることがある。インターネットのようにさまざまな機種がつながるネットワークでは、各機種ごとにソフトウェアを開発することはたいへんなので、Javaを使った開発が広がっている。[中島由弘]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

Java」の用語解説はコトバンクが提供しています。

Javaの関連情報

関連キーワード

黒人問題モスクワ高松伸ニコラス ケイジエマ トンプソンサンクト・ペテルブルグ平山郁夫坂茂[各個指定]工芸技術部門五木寛之

他サービスで検索

「Java」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.