Rakuten infoseek

辞書

ジスマーク

デジタル大辞泉

ジス‐マーク(JIS mark)
JIS(日本工業規格)に合格した製品につける印。→ジス

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

流通用語辞典

JISマーク【Japanese Industrial Standard mark】
日本工業規格に合格した鉱工業製品につけるマーク。日本工業規格は、日本の鉱工業製品の種類、型式、形状、寸法、構造、装備、品質、等級、成分、性能、耐久度、安全度、その他所定の事項について全国的に統一し、単純化することによって、品質の改善、生産性の向上をはかるとともに、生産・流通・消費の合理化をはかることを目的としている。昭和24年に制定され、26年に改正された「工業標準化法」にもとづいて実施され、日本工業標準調査会が調査をし、通産省が認定する。55年度からは外国製品にも認められるようになった。

出典:(株)ジェリコ・コンサルティング
Copyright (C) 2010 by Jericho Consulting Co.,Ltd. All Rights Reserved
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ジスマーク」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ジスマークの関連情報

関連キーワード

環境JIS学校用家具国際計量計測用語JISJIS漢字水準旧JISJIS X0221マンセル表色系新JIS試薬

他サービスで検索

「ジスマーク」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.