Rakuten infoseek

辞書

IrDA【アイ アール ディー エー】

パソコンで困ったときに開く本

IrDA
家電製品のリモコンなどでも使われている、赤外線を利用して一対一でデータをやり取りする規格です。赤外線端子が内蔵されていれば、ケーブルを使わなくてもノートパソコン同士でデータの受け渡しができます。
⇨ワイヤレス

出典:(株)朝日新聞出版発行「パソコンで困ったときに開く本

デジタル大辞泉

アイ‐アール‐ディー‐エー【IrDA】[Infrared Data Association]
Infrared Data Association赤外線通信を利用した近距離データ通信の技術仕様の規格。携帯電話やノートパソコン、携帯情報端末のデータ通信に利用される。また、同規格を策定した業界団体。1993年設立。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

カメラマン写真用語辞典

IrDA
 Infrared Data Associationの略。赤外線による光無線データ通信を規格化している団体名で、そこで策定された規格そのものを指すこともある。規格はまずノートパソコンに採用され、NTTドコモの携帯電話に標準採用されて普及が加速した。携帯電話がカメラ機能を備えてからは、撮影した写真をノートパソコンに送るのに使われ、やがてコンパクトプリンタにも送受信機が搭載されるようになった。通信距離と転送速度によって規格が細かく細分化されているが、115Kb/秒が一般的。現在はより4Mb/秒と高速な IrSimple へと役割のバトンを渡しつつある。

出典:カメラマンWeb
解説は執筆時の情報に基づいており、現時点で最新の内容であることを保証するものではありません。

IT用語がわかる辞典

アイアールディーエー【IrDA】
赤外線通信の規格のひとつ、または規格を策定した団体名。ノートパソコン・携帯電話・PDAなどのデータ通信に利用される。通信距離は障害物がなければ1m程度。◇「Infrared Data Association」から。

出典:講談社
(C)Kodansha 2011.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

あいあーるでぃーえー【IrDA】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

IrDA
〖Infrared Data Association〗
赤外線を使ってデータ転送を行うための規格を制定する団体。1993 年設立。また、この団体によって標準化されたデータ通信方式。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

IrDA
あいあーるでぃーえー
パソコン、プリンターなどの情報機器からデジタルカメラ、コンパクトディスク(CD)プレーヤーなどの情報家電の相互間で、接続ケーブルのかわりに赤外線の光を用いて通信する方式。3レベルの目的に応じた変調方式とデータ転送速度が規定されている。名称の由来は、各社独自の仕様で利用されていたものを標準規格に統一した世界約160企業加盟の赤外線通信協会(Infrared Data Association)の略称から。IrDAを用いると、デジタルカメラからの直接記録装置へのデータ転送、携帯電話からのパソコン通信などが可能となる。
 規格(プロトコル)はヒューレット・パッカード(HP)、IBM、マイクロソフト、シャープを中心に策定された。1対1で通信を行う規格はIrDA DATAという。1994年策定のIrDA DATA1.0のデータ転送速度は2.4~115.2キロビット毎秒(kbps)、通信距離は1メートルで、通信速度の違いにより、IrDA1.1~1.4の規格も策定されている。複数台の機器と通信を行うための規格はIrDA Controlといい、1998年策定されたものは最大8個の入力機器と通信が可能で、転送速度は最大75kbps、通信距離は8メートルである。IrDAはパッケージ化されて利用されたが、1998年により高速・遠距離で通信可能なBluetooth(ブルートゥース)が登場したことにより用途のすみ分けが進み、以降、携帯電話機や携帯ゲーム機などの小型機に利用されている。[岩田倫典]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

IrDA」の用語解説はコトバンクが提供しています。

IrDAの関連情報

他サービスで検索

「IrDA」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.