Rakuten infoseek

辞書

ISM法【アイエスエムほう】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

ISM法
アイエスエムほう
複雑なシステムの構造を分析・理解し,問題を解決するためのシステム工学の技法の一つ。グラフマトリックス法の一種で,Interpretive Structural Modeling法の略称。多数あるシステム要素を二つずつ取り出して,その間の関係 (たとえば因果関係) の有無をそれぞれ1,0で表し,関係マトリックスをつくる。それから2値ブール代数を用いて全要素間の関係を導き,関係構造を階層的な有向グラフの形で表現する。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ISM法」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ISM法の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.