Rakuten infoseek

辞書

ISBD区切り記号【あいえすびーでぃーくぎりきごう】

図書館情報学用語辞典

ISBD区切り記号
『日本目録規則1987年版改訂3版』用語解説によれば,「区切り記号法」とは,“ISBDに基づき,書誌記述において書誌的事項それぞれの前に置く一定の記号で,一般の句読法とは別にその用法を定めているもの”と定義される.各書誌的事項(エリアと書誌的要素)の前に置く記号,または取り囲む記号で,個々の書誌的事項を判別する手がかりとなるものである.国際標準書誌記述は,国際的な書誌的記録の交換を促進するために,区切り記号を導入した書誌記述を提唱した.それに応じて,今日各国の標準目録規則も,区切り記号を取り入れている.

出典:図書館情報学用語辞典 第4版
©All Rights Reserved, Copyright Nihon Toshokan Joho Gakkai, 2013 編者:日本図書館情報学会用語辞典編集委員会 編
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ISBD区切り記号」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ISBD区切り記号の関連情報

関連キーワード

国営企業等労働組合協議会アルモドバル国鉄労働組合島田修二井上光晴ウォーホルゴダール(Jean-Luc Godard)鈴木了二高松伸竹下登内閣

他サービスで検索

「ISBD区切り記号」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.