Rakuten infoseek

辞書

IP放送【IPほうそう/あいぴーほうそう】

知恵蔵

IP放送
IPマルチキャスト放送」のページをご覧ください

出典:(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」

朝日新聞掲載「キーワード」

IP放送
高速大容量通信ができる光ファイバーを経由し、契約家庭に放送番組を送る仕組み。IP(インターネットプロトコル)を使い、映像など大量のデータを多数の相手に一斉に配信し、放送に近いサービスが提供できる。ただ、著作権法では通信と位置づけられているため、放送に比べて権利処理の手続きが複雑で、政府は著作権法の見直しを進めている。
(2006-03-25 朝日新聞 朝刊 3経済)

出典:朝日新聞掲載「キーワード」

デジタル大辞泉

アイピー‐ほうそう〔‐ハウソウ〕【IP放送】
IP broadcasting》インターネットのIP技術を利用して動画や音声を配信すること。光ケーブルADSLなど、ブロードバンド回線の専用IP網により、有線放送に類似した通信サービスを提供する。→IPTVIPラジオ

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

IT用語がわかる辞典

アイピーほうそう【IP放送】
ブロードバンド回線を通じ、IP技術を用いて行われる通信サービス。有線放送に類似したサービスであり、映像配信サービスは「IPTV(アイピーティーブイ)」、音声配信サービスは「IPラジオ」と呼ばれる。

出典:講談社
(C)Kodansha 2011.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

IP放送」の用語解説はコトバンクが提供しています。

IP放送の関連情報

他サービスで検索

「IP放送」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.