Rakuten infoseek

辞書

IMF‐JC【アイエムエフジェーシー】

世界大百科事典 第2版

アイエムエフジェーシー【IMF‐JC】
全日本金属産業労働組合協議会(略称金属労協)の通称。単にJC(Japanese Committeeの略)ともいう。1964年5月,国際金属労連日本協議会(IMF‐JC)の名称のもとに,IMF(International Metalworkers’ Federation,国際金属労連)の日本における国際連帯の窓口として発足。75年12月現名称に変更(IMF‐JCという名称はそのまま)。結成以来,日本の経済・産業の発展に対応した,国際的視野をもった労働運動を進めており,またナショナル・センターの枠を超えた金属産業の大産別組織として,全民労協の結成(1982年12月)に至る労働戦線統一の流れのなかで重要な役割を果たしてきた。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

IMF‐JC」の用語解説はコトバンクが提供しています。

IMF‐JCの関連情報

関連キーワード

IMF債国際通貨基金IMFIMF融資制度全日本金属産業労働組合協議会国際通貨問題外国為替相場制度ヨーロッパ連合SDRIMF暫定委員会

他サービスで検索

「IMF‐JC」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.