Rakuten infoseek

辞書

IEEE【アイトリプルイー】

パソコンで困ったときに開く本

IEEE
米国電気電子学会の略称です。「米国」と付いていますが会員が世界中にいる国際的な学会です。その中の通信やコンピュータの部門で話し合われた内容に従っていろいろな規格が生まれ、パソコンでも使用されます。
⇨IEEE1394、IEEE802・11

出典:(株)朝日新聞出版発行「パソコンで困ったときに開く本

デジタル大辞泉

アイ‐イー‐イー‐イー【IEEE】[Institute of Electrical and Electronics Engineers]
Institute of Electrical and Electronics Engineers》⇒アイトリプルイー(IEEE)

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

アイトリプルイー【IEEE】[Institute of Electrical and Electronics Engineers]
Institute of Electrical and Electronics Engineers》米国電気電子学会(米国電気電子技術者協会)。電気、電子工学、コンピューターなどの分野における技術の標準規格を定めており、その多くはISO(国際標準化機構)により国際標準として採用されている。1963年創設。本部はニューヨーク。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

IT用語がわかる辞典

アイトリプルイー【IEEE】
電気電子学会。通信・電子・情報工学を専門とする学会で、1963年にAIEE(米国電気学会)とIRE(無線学会)が合併して発足した。同学会により標準化された規格の名称は「IEEE」で始まる。本部はアメリカのニューヨーク。◇「Institute of Electrical and Electronics Engineers」から。

出典:講談社
(C)Kodansha 2011.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

あいいーいーいー【IEEE】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

IEEE
〖Institute of Electrical and Electronics Engineers〗
アメリカの電気電子学会。標準規格の制定に大きな役割を果たす。1963 年設立。本部はニューヨーク。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

IEEE
あいとりぷるいー
アメリカ電気電子学会Institute of Electrical and Electronics Engineersの略称。1963年に、アメリカ電気学会(AIEE:American Institute of Electrical Engineers)と無線学会(IRE:Institute of Radio Engineers)が合併して発足した。本部をニューヨークに置く。38のSociety(専門部会)と七つのTechnical Council(関連するSocietyの連合)がある非営利の団体で、日本でも1999年(平成11)にIEEE日本カウンシル(IEEE Japan Council)が設立された。2015年6月時点で、世界160か国以上から40万人以上の会員が参加している。
 おもな活動としては、国際会議の開催や論文誌の発行、技術教育、標準化(規格制定)、表彰制度などがあり、とくにコンピュータや通信などの電気・電子技術分野における規格の標準化に大きな役割を果たしている。これまで国際標準化機構(ISO)により国際標準として採用された標準規格には、IEEE802(LAN(ラン)などの通信・ネットワーク規格)グループのIEEE802.1X(LAN接続時の認証規格)、IEEE802.11(無線LANの標準規格)、IEEE802.16-2004(WiMAX(ワイマックス))をはじめ、IEEE802.3(イーサネット)、IEEE802.15(Bluetooth(ブルートゥース)などの近距離無線)、IEEE1284(パラレルポート)、IEEE1394(DV端子の規格でFireWire(ファイヤーワイヤー)やi.LINK(アイリンク)のこと)などがある。[編集部]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

IEEE」の用語解説はコトバンクが提供しています。

IEEEの関連情報

他サービスで検索

「IEEE」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.