Rakuten infoseek

辞書

IEA【アイイーエー】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

IEA
アイイーエー
国際エネルギー機関」のページをご覧ください

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

アイ‐イー‐エー【IEA】[International Economic Association]
International Economic Association》国際経済学協会。1950年創立。事務局はパリ。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

アイ‐イー‐エー【IEA】[International Energy Agency]
International Energy Agency》国際エネルギー機関。石油を中心とするエネルギーの安全保障を目的とするOECD経済協力開発機構)の下部機関。石油消費国側の機構で、OPEC石油輸出国機構)に対抗する目的のもの。第一次石油危機後の1974年、キッシンジャー米国務長官の提唱で設立。事務局はパリ。29か国が加盟。
[補説]加盟には、原油・石油製品の前年平均純輸入量の90日分の備蓄や、最大10パーセントの国内消費抑制策導入などの条件があり、OECD加盟国でもチリ・アイスランド・メキシコ・スロベニア・イスラエルはIEAに参加していない。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

アイイーエー【IEA】
国際エネルギー機関International Energy Agencyの略称。OECD(経済協力開発機構)に属する機関として,1974年11月設立。本部所在地はパリ。アイスランド,メキシコ,チェコ,ハンガリー,ポーランド,韓国を除くOECD加盟23ヵ国とヨーロッパ委員会が参加している。最高意思決定機関は,加盟国政府の幹部(局長級)によって構成される理事会Governing Board(GB)で,GBの下に長期協力,石油市場,緊急時融通,産油国関係,研究開発の各常設委員会が設けられている。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

IEA
〖International Energy Agency〗
国際こくさいエネルギー機関きかん

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

IEA
あいいーえー

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

IEA」の用語解説はコトバンクが提供しています。

IEAの関連情報

関連キーワード

備蓄石油緊急融通制度国際エネルギー機関国際学力調査シェールガス学力国際学力調査イラクの原油生産ナイジェリア

他サービスで検索

「IEA」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.