Rakuten infoseek

辞書

IDE【あいでぃーいー】

デジタル大辞泉

アイ‐ディー‐イー【IDE】[integrated drive electoronics]
integrated drive electoronicsハードディスクがパソコンのISAバスに直接接続するためのインターフェース。現在販売されているパソコンにはIDE方式を拡張したEIDEが広く採用されている。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

アイ‐ディー‐イー【IDE】[Institute of Developing Economics]
Institute of Developing Economies》アジア経済研究所。昭和33年(1958)財団法人として設立、昭和35年(1960)特殊法人に改組。平成10年(1998)、ジェトロと統合。平成15年(2003)独立行政法人日本貿易振興機構アジア経済研究所(IDE-JETRO)となる。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

アイ‐ディー‐イー【IDE】[integrated development environment]
integrated device electronics》⇒統合開発環境

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

IT用語がわかる辞典

アイディーイー【IDE】
パソコンとハードディスクを接続するインターフェースの規格のひとつ。コンパックやウェスタンデジタルなどが1989年に共同開発し、アメリカ規格協会(ANSI)により1994年にATA(アタ)規格として標準化された。◇「integrated drive electronics」の頭文字から。

出典:講談社
(C)Kodansha 2011.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

あいでぃーいー【IDE】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

IDE
〖integrated device(drive) electronics〗
パソコンと記憶装置を接続するための規格化されたインターフェース。ハード-ディスクや CD-ROM 装置に対応している。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

IDE
あいでぃーいー
内蔵HDD(ハードディスクドライブ)をパソコンに接続するためのインターフェース規格。Integrated Device Electronicsの略。2台のHDDを接続できる。IDEを標準化した規格がATAである。[編集部]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

IDE」の用語解説はコトバンクが提供しています。

IDEの関連情報

他サービスで検索

「IDE」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.