Rakuten infoseek

辞書

ICBM【アイシービーエム】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

ICBM
アイシービーエム
intercontinental ballistic missile
大陸間弾道ミサイル。有効射程 6400km以上の核弾頭をつけた戦略用弾道ミサイルをいう。ロケットエンジン高高度 (最大高度 1500~3500km) に打上げ,力学的に決る弾道を描いて目的地に達する。所要時間は 30分ほど。旧ソ連がいち早く開発に手をつけ,1957年8月部分射程の試射に成功,アメリカの射程 8000kmの ICBMは 59年に成功。 98年現在,アメリカの ICBMにはミニットマン III,MX (ピースキーパー) などがあり,旧ソ連の ICBMには SS-18,SS-19,SS-24SS-25などがある。また中国の ICBMには東風 Dong Feng5号などがある。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

アイ‐シー‐ビー‐エム【ICBM】[intercontinental ballistic missile]
intercontinental ballistic missile》射程が6400キロ以上の核ミサイル兵器の総称。大陸間弾道ミサイル大陸間弾道弾

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

あいしーびーえむ【ICBM】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

ICBM
〖intercontinental ballistic missile〗
大陸間弾道ミサイル。射程約 6400km 以上の弾道ミサイルの総称。 → ABM

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

ICBM
あいしーびーえむ
大陸間弾道ミサイル(弾)Intercontinental Ballistic Missileの略。射程距離5500キロメートル以上のミサイル。[編集部]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

アイ‐シー‐ビー‐エム【ICBM】
〘名〙 (intercontinental ballistic missile の略) 大陸間弾道弾。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ICBM」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ICBMの関連情報

他サービスで検索

「ICBM」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.