Rakuten infoseek

辞書

HarrisTownsend【ハリス タウンゼント】

江戸・東京人物辞典

HarrisTownsend
1804〜1878(文化元年〜明治11年)【外交官】日米修好条約を締結。 列強に先駆けて、幕府の鎖国政策を崩した。アメリカの外交官。1854年の和親条約に基づき、1856年駐日総領事として着任。下田玉泉寺に日本初の領事館がおかれた。1858年ポーハタン号の艦上日米修好通商条約の締結に成功し、初代駐日公使となった。これが契機となり、日本はオランダ・ロシア・イギリス・フランスと次々と通商条約を結び、鎖国体制は完全に崩壊した。1862年、帰国。

出典:財団法人まちみらい千代田
監修:江戸東京博物館 都市歴史研究室長 北原 進
(C) 財団法人まちみらい千代田
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

HarrisTownsend」の用語解説はコトバンクが提供しています。

HarrisTownsendの関連情報

関連キーワード

ベートーベン文化ハリスエジソン(アメリカの発明家)チャイコフスキーおもなお雇い外国人岩井半四郎歌川豊国ブレイク(William Blake)ギャンジャ

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.