Rakuten infoseek

辞書

Googleバズ【ぐーぐるばず】

知恵蔵

Googleバズ
Googleバズは、Googleの提供するフリーのメールアカウントGmail」に付加されたリアルタイム・ウェブのサービス。2010年2月から開始されたこのサービスでは、Twitterのように短い文章を「つぶやく」こと(Googleバズでは「buzz」という)ができるようになる他、Twitter単体では不可能だった、写真や動画といったマルチメディアデータも投稿の対象としている点に特徴がある。Googleがこのサービス提供に踏み切ったのは、世界的に広がりを見せているTwitterに対抗する手段であると考えられる。
Twitterがそうであるように、Googleバズも基本的に「プロフィール表示型」のサービスである。Googleバズを利用しようとするユーザーはGoogleに対して自らのプロフィールの公開が求められる。この際、本名の代わりにハンドルネームを使用することも可能だが、有名人などは実名での登録を行い、情報発信元を明らかにした状態でサービスを利用する傾向が強い。
Googleバズはモバイル用も提供されており、こちらではユーザーの所在地近くの地図を表示させることが可能だ。同じ地図上の任のポイントには、その地点に関連するbuzzが表示されるようになる。
Googleでは、Twitterがそれで成功を収めたように、GoogleバズのAPIを公開し、ユーザーに任意のアプリケーションを作成してもらおうとしている。機能的にはTwitterを大きくしのぐが、先行するTwitterをどれだけ追うことができるか、注目されている。
なお、Gmailは本来Googleバズのようなサービスを追加することを想定しておらず、しかもプロバイダのメールアカウントと同等以上の機能を持つことをユーザーにアピールしていた。このため、「プロフィール」に本名を登録していたユーザーも多く、こうしたユーザーが何も考えずにGoogleバズを追加した結果、個人情報が外部に漏れてしまうという問題が起きた。この問題は皮肉にもライバルTwitterのネットワークで喧伝(けんでん)され、Googleではユーザーに対し、Googleバズを利用する場合にはプロフィールに本名を用いるかどうかを、よく考えるようにと促すようになっている。
(高安正明  ITライター / 2010年)

出典:(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」

デジタル大辞泉

グーグル‐バズ(Google Buzz)
《buzzは、ぶつぶつしゃべる、つぶやくの意》米国グーグル社が提供していたソーシャルネットワークサービスSNS)の一。2011年、Google+にサービスを一本化して終了した。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

Googleバズ」の用語解説はコトバンクが提供しています。

Googleバズの関連情報

関連キーワード

Google用語Google AppsグーグルGoogle Driveグーグルブック検索(和解問題)Google PixelAIスピーカービジネスファインダーGearsGoogle Gears

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.