Rakuten infoseek

辞書

Exif【イグジフ】

パソコンで困ったときに開く本

Exif
デジタルカメラで撮影した画像を加工・印刷しやすいように、撮影日時やカメラ名、撮影時の設定、解像度などの情報をJPEG画像のファイル内に記録する方式です。
⇨DPOF、JPEG

出典:(株)朝日新聞出版発行「パソコンで困ったときに開く本

デジタル大辞泉

エグジフ【Exif】[exchangeable image file format]
exchangeable image file format》デジタルカメラ用のファイルフォーマット。日本電子工業振興協会(JEIDA)が平成7年(1995)に規格化。撮影日、シャッター速度、絞り値など、撮影時の各種データを格納できる。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

カメラマン写真用語辞典

Exif
 富士写真フイルムが開発、JEIDA(日本電子工業振興協会、現JEITA電子情報技術産業協会)で規格化された画像フォーマット。現在のバージョンは2.2。既存の汎用画像フォーマットであるTIFFとJPEGをベースに、ファイルにさまざまな統一された撮影情報が記録され、さらに個別に情報を書き込むこともできる。その撮影情報をプリンターが読みとってベストのプリントに仕上げることもできる。そうしたプリントシステムを「Exif Print(イグジフプリント)」という愛称で呼んでいる。デジタルカメラの統一カメラフォーマットであるDCFに準拠している。Exif2.2はデジタルカメラ側の情報を参考に、プリンターが独自に判断して画像調整を行ったうえでプリントされる。現行のほとんどのデジタルカメラとプリンターが対応している。

出典:カメラマンWeb
解説は執筆時の情報に基づいており、現時点で最新の内容であることを保証するものではありません。

IT用語がわかる辞典

イグジフ【Exif】
エグジフ。⇒エグジフ

出典:講談社
(C)Kodansha 2011.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

エグジフ【Exif】
デジタルカメラ用の画像ファイルの規格。画像データの他に、カメラの機種名・撮影日・シャッター速度・絞り値・ISO(イソ)感度をはじめとする各種撮影データを記録できる。平成6年(1994)に富士写真フイルム(現富士フイルム)が提唱し、翌年に電子情報技術産業協会(JEITA)の前身の日本電子工業振興協会(JEIDA)により規格化された。◇「exchangeable image file format」から。「イグジフ」ともいう。

出典:講談社
(C)Kodansha 2011.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

Exif
えぐじふ
デジタルスチルカメラ用画像ファイルフォーマットの規格。exchangeable image file formatの略称で、イグジフとも読む。日本電子工業振興協会(現、電子情報技術産業協会。略称JEITA)とカメラ映像機器工業会(CIPA)によって、1995年(平成7)に定められたもので、現在は、JEITAによって管理運営されている。画像データのサイズ、画素数、圧縮の種類、シャッタースピード、絞り、カメラのメーカーや機種、色調、撮影日時といった撮影時の情報に加えて、主画像のデータを小さくしたサムネイル画像を記憶することができる。記録する画像本体の形式は、圧縮ファイルはJPEG(ジェーペグ)、非圧縮ファイルはTIFF(ティフ)になる。画像データの交換や再生のための規約を中心とし、Exif2.2(Exif Printともよばれる)以降では高画質なプリント出力を手軽に得られる機能なども加わった。
 これらの付加情報を活用することで、データの管理やデータ交換が容易になるため、デジタルカメラやその周辺機器にとどまらず、パソコンソフト、プリンター、スマートフォンをはじめとする情報端末などで採用されるなど、世界的な標準規格となっている。一方で、GPS(全地球測位システム)機能付きのカメラやスマートフォンなどで撮影された画像には位置情報も記録されており、自宅の住所がわかってしまうなど、撮影者の個人情報が特定される可能性もある。そのため、インターネットなどで公開する場合には、Exif情報の削除や編集の必要がある。その他、関連するものとして、Exifファイルを利用するためのファイルシステム規格であるDCF(Design rule for Camera File system)がある。これは、記録メディアと記録機器に関する規格で、デジタルスチルカメラやプリンターなどの機器間で画像を相互に利用できるようにするものである。[編集部]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

Exif」の用語解説はコトバンクが提供しています。

Exifの関連情報

他サービスで検索

「Exif」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.