Rakuten infoseek

辞書

EV【イーブイ】

デジタル大辞泉

イー‐ブイ【EV】[enterprise value]
enterprise value》経営指標の一つで、株式時価総額に純有利子負債(金利をつけて返済する負債から、現金・預金などの流動性を引いた額)を加えた額。金融市場から見た企業全体の価値を表すもので、M&Aにおいて買収企業の価値算定に用いる。事業価企業価値

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

イー‐ブイ【EV】[elevator]
elevatorエレベーター。建物の平面図などでエレベーターを表す記号

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

イー‐ブイ【EV】[electric vehicle]
electric vehicle電気自動車

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

EV
electric vehicle
電気自動車。電池をエネルギー源とする車。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

EV
embedded value
潜在価値。生命保険事業の価値評価法の一。貸借対照表の純資産に危険準備金などを加算した純資産価値と、現保有契約から将来生ずる利益の現在価値を加えたもの。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

EV
enterprise value
企業価値。事業価値。企業の株式時価総額に純負債(負債総額から現金および預金を引いた額)を加えたもの。企業を買収する際の金額に相当する。 → EBITDA 倍率

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

EV
exposure value
写真撮影において、F ナンバーとシャッター速度を組み合わせ、フィルムへ到達する光量を示す値。露出値。また、被写体の輝度とフィルム感度を掛け合わせた値。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

eV
electron volt
イオン・素粒子などのエネルギーの単位、電子ボルトを表す記号。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

知恵蔵mini

EV
電気モーターを動力源とする電動輸送機器(electric vehicle)の略称フォークリフトゴルフカートなど電気モーターを用いたすべての移動機器のことだが、一般的には電気自動車のことを指す。原理的に、エネルギー効率が良く、環境にやさしいなどメリットが大きいが、価の高さや運送距離の短さ、充電時間の長さ、電池寿命などのデメリットもあった。しかし、電気自動車が限定販売された1990年ころより格段の技術開発が進み、2000年初めには日・米・欧・アジアの主要メーカーが開発・販売に乗りだしている。また、ガソリン車に比べ製造が容易であることから、慶應義塾大学発の株式会社SIM-Drive(2009年設立)など、ベンチャー企業の参入も盛んになっている。
(2013-2-25)

出典:朝日新聞出版
(C)Asahi Shimbun Publications Inc
本事典の解説の内容はそれぞれの執筆時点のものです。常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

EV
いーぶい

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

EV」の用語解説はコトバンクが提供しています。

EVの関連情報

関連キーワード

Java EEEVMGitHubEJBVMware ServerEIPチャンドラーベブレン企業価値

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.