Rakuten infoseek

辞書

EUR

外国為替用語集

EUR
ユーロ。1999年1月1日、欧州単一通貨「ユーロ(euro)」を導入。欧州連合(EU)に加盟する当時15カ国のうち、11カ国が参加。この時点でのユーロは帳簿上の通貨にすぎず、銀行間決済など、現金以外の取引に使用。2002年1月1日、ユーロ現金(紙幣・硬貨)の流通開始。2009年2月現在、EU加盟国で公式にユーロに参加しているのは、オーストリア、ベルギー、キプロスフィンランド、フランス、ドイツ、ギリシャ、アイルランド、イタリア、ルクセンブルグ、マルタ、オランダ、ポルトガルスロバキアスロベニア、スペインの16カ国。イギリス、デンマークスウェーデンは参加を見送っている。

出典:(株)マネーパートナーズ

デジタル大辞泉

イー‐ユー‐アール【EUR】[Euro]
EuroISOで定義された通貨コードの一。EU(欧州連合)の通貨ユーロのこと。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

エウル【EUR】
ローマの都心から約9km南にある新都市。面積約4km2。エウルとは本来,ムッソリーニの肝いりで1942年に開催が予定された〈ローマ万国博覧会Esposizione Universale di Roma〉の略称である。会場予定地には,新古典主義的な建物群の建設が予定されたが,第2次世界大戦のため博覧会は中止。52年以後,整然と区画された敷地に,当初の予定通りに建設が進められ,また新たに主要官公庁,企業のオフィス,スポーツ施設,集合住宅などが加えられた。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

EUR」の用語解説はコトバンクが提供しています。

EURの関連情報

関連キーワード

コソボ[各個指定]工芸技術部門小沢剛小渕恵三内閣黒沢清難波和彦東チモール問題青木淳MVRDV

他サービスで検索

「EUR」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.