辞書・百科辞典をはじめとする多数の辞書からすばやく簡単に| サービス一覧ヘルプ

ESD【イーエスディー】

デジタル大辞泉

イー‐エス‐ディー【ESD】[education for sustainable development]
education for sustainable development持続可能な開発を促進するため、地球的な視野をもつ市民を育成することを目的とする教育。「一人ひとりが、世界の人々や将来世代、環境との関係性の中で生きていることを認識し、行動を変革するための教育」と定義される。2002年にヨハネスブルクで開催された国連の「持続可能な開発に関する世界首脳会議」(WSSD。環境開発サミット・地球サミットとも)で日本が提唱し、「ESDの10年」(2005~2014年)が採択された。持続可能な開発のための教育

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

イー‐エス‐ディー【ESD】[electrostatic discharge]
electrostatic discharge》電子機器や電子回路における、静電気による放電

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

朝日新聞掲載「キーワード」

ESD
環境や貧困、人権などの課題に取り組み、持続可能な社会づくりの担い手を育てる教育のこと。国連教育科学文化機関ユネスコ)が普及を進め、日本では939校ある「ユネスコスクール」が推進拠点。県内では主に新潟市や見附市の小中学校、国際情報高校(南魚沼市)などが加盟している。
(2016-07-30 朝日新聞 朝刊 新潟全県・1地方)

出典:朝日新聞掲載「キーワード」

DBM用語辞典

エレクトロニック・ソフトウェア・ディストリビューション【ESD Electronic software distribution】
電子機器を通じてダウンロードまたは送信されることが可能なソフトウェアのこと。

出典:(株)ジェリコ・コンサルティング
Copyright (C) 2010 by Jericho Consulting Co.,Ltd. All Rights Reserved
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

いーえすでぃー【ESD】

出典:株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ESD」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ESDの関連情報

関連キーワード

生涯教育家庭教育ユスフザイバーナード高等教育OverDrive ReadyソケットDVD-R for Generalリンカーンの「ゲティスバーグの演説」情報科学技術協会(米国)国際理解教育

他サービスで検索

「ESD」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.