Rakuten infoseek

辞書

ERM(Exchange Rate Mechanism )

外国為替用語集

ERM(Exchange Rate Mechanism )
通貨統合非参加国(EU加盟国)の通貨と、ユーロ間の為替相場を一定の変動幅で連動させるもの。為替相場を安定させ、非参加国に通貨統合採択を促進させることを目的とする。ERM参加国は、対ユーロの中心レートが設定され、変動幅は上下15%。15%を超えた場合には自動的に無制限の介入が行われる。1999年1月1日から実施。1979年に設立された欧州通貨制度のERMと区別してERM2、ERMⅡ、新ERMなどと言う事もある。

出典:(株)マネーパートナーズ

ERM(Exchange Rate Mechanism )」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ERM(Exchange Rate Mechanism )の関連情報

他サービスで検索

「ERM(Exchange Rate Mechanism )」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.