Rakuten infoseek

辞書

ENIAC【えにあっく】

デジタル大辞泉

エニアック【ENIAC】[electronic numerical integrator and computer]
electronic numerical integrator and computer》世界最初のコンピューター。1946年米国ペンシルベニア大学で開発。約1万8000本の真空管と1万5000個のリレーから構成され、水爆実験で使用された。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

えにあっく【ENIAC】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

ENIAC
エニアック
1946年にアメリカ合衆国の J.プレスパー・エッカートとジョン・W.モークリーによって完成された世界最初期の真空管式コンピュータ。電子式数値積分コンピュータ electronic numerical integrator and computerの略。約1万 8000本以上の真空管と 1500個のリレー,7万個の抵抗器,1万個のコンデンサを使用しており,機械面積 170m2,重さ 30t。入力はパンチカード式,出力はカードまたはネオン表示。スイッチや差し込みプラグで結線して,計算手順をプログラムした。 1946年から 1955年までアメリカのアバディーン弾道研究所で,弾道計算,天気予報,原子核などの計算に使用された。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

ENIAC
えにあっく
electronic numerical integrator and calculatorの略称。1946年にアメリカのペンシルベニア大学のエッカートJohn Presper Eckert Jr.(1919―95)とモークリーによって最初に実用化された汎用コンピュータ(電子計算機)。約1万8800本の真空管を使い、消費電力150キロワット、重さ30トンに及ぶ巨大な機械であった。開発の当時は第二次世界大戦の最中で、ENIACが開発された目的は、大砲の弾道計算をすることであった。弾道計算の方程式を解くには、それまで人手で7時間余りを要していたが、ENIACではわずか3秒で計算を行い、弾丸よりも速いといわれた。しかし、そのプログラミングは、約6000個のスイッチと配線盤を用いて行わねばならず、現在のコンピュータの最大の特徴であるプログラム記憶方式(またはプログラム内蔵方式)は、その後に開発されるEDSAC(エドサック)やEDVAC(エドバック)をまたねばならなかった。[石井 博]
 1939年に試作されたアタナソフ・ベリー・コンピュータ(ABCマシン)を世界最初のコンピュータとする考え方もある。[編集部]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ENIAC」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ENIACの関連情報

関連キーワード

マキノ雅広キング・クリムゾンイタリア映画新日本文学生活保護戦争放棄トルンカホログラフィック・アートマンキウィッツミネリ(Vincente Minnelli)

他サービスで検索

「ENIAC」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.