Rakuten infoseek

辞書

ECR【いーしーあーる】

デジタル大辞泉

イー‐シー‐アール【ECR】[efficient consumer response]
efficient consumer response》消費者に対する効率的な対応。消費者のニーズに対して、メーカー、卸業者、小売業者が連携して、流通システム全体を効率化すること。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

流通用語辞典

ECR【efficient consumer response】
エフィシェント・コンシューマー・レスポンス。食料品のサプライチェーン内の余剰コストを削減する目的で、小売業、問屋、メーカーが提携し、緊密な共同作業を行う戦略。ECRでは効率化を高める4つの分野に絞っている。単位売場当たり面積のカテゴリー商品販売を高め、在庫回転率向上のため、取扱商品と売場分配を最適化する。商品が製造され、店舗の棚に配置されるまでの物流の最大効率化。商談や販売促進コストの削減。新商品の開発や投入に要するコストの削減。衣料品業界で成功したQR(クイック・レスポンス)に学び、食品業界で1993年に発表し、取り組みが開始された。ECRが全面的に採用され、効果が発揮された場合、食品業界のサプライチェーン内で、1,300億ドルの流通在庫が削減され、在庫日数も100日から60日に短縮されるといわれている。

出典:(株)ジェリコ・コンサルティング
Copyright (C) 2010 by Jericho Consulting Co.,Ltd. All Rights Reserved
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

Wisdomビジネス用語辞典

ECR
ECRとは、消費者のニーズへの対応を目的として、メーカー、卸業者、小売業者が連携し、流通システム全体を効率化しようとする取り組みのこと。1992年にアメリカの食品産業界で誕生した、生産から販売までのサイクルの短縮するクイックデリバリー、商品在庫を抑えることでの低コスト化を推進する考え方。消費者を基点とした、製品補充、販売促進、品揃え、新製品導入の効率化を目指している。

出典:「ビジネス用語辞典」byWisdom(NEC)
「Wisdom」とは、NECが運営するビジネス情報サイトです。Copyright NEC Corporation All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

いーしーあーる【ECR】

出典:株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版

ECR
〖efficient consumer response〗
メーカー・卸業者・小売業者が連係し流通の効率化を進め、無駄な在庫を持たないことで低価格を実現するなど、より高い消費者価値を実現しようとすること。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

ECR
イーシーアール
Efficient Consumer Response
効率的な消費者対応を意味する言葉の略称でアメリカの食品業界で生れた考え方。ディスカウントストアをはじめとする低価格化の波に直面したメーカー,卸・小売商が一体となってより効率的な合理化を行なって生残りをはかろうというもの。小売,卸の販売データをメーカーの計画生産に反映させる情報の共有化を基礎に,流通システムを効率化して生産から販売までの時間を短縮し,余剰在庫をなくすことを主目標とする。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ECR」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ECRの関連情報

他サービスで検索

「ECR」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.