Rakuten infoseek

辞書

E. ロッド

20世紀西洋人名事典

E. ロッド
Édouard Rod


1857 - 1910
スイスの小説家。
元・ジュネーヴ大学教授。
1878年パリに出てゾラ崇拝、自然主義派の小説家としてデビュー。1886〜1893年ジュネーヴ大学比較文学およびフランス文学史教授を務め、1893年より再びパリに出て小説・文学批評を書く。戯曲「改革者」(1906年)はウーヴル座で脚光を浴びた。その他の代表作に「への道程」(1885年)、「生命意義」(1889年)、「ミシェル・テシエの私生活」(1893年)などがある。モラリスト的小説家。

出典:日外アソシエーツ「20世紀西洋人名事典」(1995年刊)
(C) 1995 Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

E. ロッド」の用語解説はコトバンクが提供しています。

E. ロッドの関連情報

関連キーワード

インドの大反乱ケクレ新聞小説マルクス経済学インド大反乱フレーブニコフ片岡仁左衛門ビョルンスチェルネ ビョルンソンボアソナードコバーン

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.