Rakuten infoseek

辞書

DMATとDPAT

朝日新聞掲載「キーワード」

DMATとDPAT
災害派遣医療チーム(DMAT)は医師や看護師らで組織し、災害発生後48時間以内の救急治療が主な業務。災害派遣精神医療チーム(DPAT)は精神科医や看護師などで組織し、避難所生活のストレスや喪失感などに苦しむ被災者らの精神面のケアを担う。DMATは「避けられた災害死が500件はあった」とされた1995年の阪神大震災時の教訓をもとに検討され、2005年に発足。DPATは東日本大震災後の13年に発足した。ともに厚生労働省が都道府県や政令指定都市ごとの整備を促し、災害時には被災地の要請に応じて派遣される。
(2017-03-17 朝日新聞 朝刊 栃木全県・1地方)

出典:朝日新聞掲載「キーワード」

DMATとDPAT」の用語解説はコトバンクが提供しています。

DMATとDPATの関連情報

関連キーワード

DMAT災害派遣医療チーム災害派遣医療チーム(DMAT)災害派遣医療チーム広域搬送拠点臨時医療施設DCATDMATIMAT広域災害救急医療情報システム災害拠点病院

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.