Rakuten infoseek

辞書

DMA【でぃーえむえー】

デジタル大辞泉

ディー‐エム‐エー【DMA】[direct memory access]
direct memory access》コンピューターシステム内における、データ転送方法の一。ダイレクトメモリーアクセス。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

DBM用語辞典

米国ダイレクト・マーケティング協会【DMA Direct Marketing Association】
ダイレクト・マーケティング組織とその関連会社の協会。責任ある自己規制を設け、ダイレクト・マーケティング産業の推進をはかり、法律的規制からの自由を保護する役割を担っている。メンバー企業に対して教育ツールの提供、アイデアの交換も行っている。DMMA(Direct-Mail Marketing Association)は旧名称。

出典:(株)ジェリコ・コンサルティング
Copyright (C) 2010 by Jericho Consulting Co.,Ltd. All Rights Reserved
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

IT用語がわかる辞典

ディーエムエー【DMA】
コンピューターで、メモリー同士またはメモリーと周辺機器の間で直接データを転送する方式。CPUを介さずにデータを転送するため、CPUの負担が減るという利点がある。◇「direct memory access」の頭文字から。「ダイレクトメモリーアクセス」ともいう。

出典:講談社
(C)Kodansha 2011.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

でぃーえむえー【DMA】

出典:株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版

DMA
〖direct memory access〗
コンピューターで、利用頻度の高いデータやプログラムを、CPU を介さずに入出力装置とメモリーの間やメモリーとメモリーの間で直接転送する方法。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

DMA」の用語解説はコトバンクが提供しています。

DMAの関連情報

他サービスで検索

「DMA」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.