Rakuten infoseek

辞書

CT検査

PET検査用語集

CT検査
コンピュータ断層診断の意味で、X線を照射して臓器の形態的な異常を見つける検査です。X線を360度全方向から照射することで、人体を輪切りにした画像 を撮影でき、体内の断面が、白黒写真のような画像となっていくつも写し出されます。

出典:PET検査ネット
copyright(c) pet-net.jp All Rights Reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

シーティーけんさ【CT検査】
CT(computed tomographyの略,コンピューター断層撮影)を用いたX線検査。CTスキャンともいう。CTは1972年にイギリスのハンスフィールドG.N.HounsfieldとアメリカのコーマックA.M.Cormack(ともに1979年度ノーベル生理・医学賞受賞)によって開発された。X線ビームで体をスキャンしながら,検出器で得られたデータをコンピューターで計算し,短時間(1スキャン/1秒,再構成数秒)で体の内部の組織を断層像で表示でき,立体像の再構成も可能で,しかも従来のX線検査に比べ人体組織の識別能力が高く臨床診断学的価値の高い検査法の一つである。

出典:株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

CT検査」の用語解説はコトバンクが提供しています。

CT検査の関連情報

他サービスで検索

「CT検査」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.