Rakuten infoseek

辞書

Infoseek辞書サービス終了のお知らせ

CT検査

PET検査用語集

CT検査
コンピュータ断層診断の意味で、X線を照射して臓器の形態的な異常を見つける検査です。X線を360度全方向から照射することで、人体を輪切りにした画像 を撮影でき、体内の断面が、白黒写真のような画像となっていくつも写し出されます。

出典:PET検査ネット
copyright(c) pet-net.jp All Rights Reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

シーティーけんさ【CT検査】
CT(computed tomographyコンピューター断層撮影)を用いたX線検査CTスキャンともいう。CTは1972年にイギリスのハンスフィールドG.N.HounsfieldとアメリカのコーマックA.M.Cormack(ともに1979年度ノーベル生理・医学賞受賞)によって開発された。X線ビームで体をスキャンしながら,検出器で得られたデータをコンピューターで計算し,短時間(1スキャン/1秒,再構成数秒)で体の内部の組織を断層像で表示でき,立体像の再構成も可能で,しかも従来のX線検査に比べ人体組織の識別能力が高く臨床診断学的価値の高い検査法の一つである。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

内科学 第10版

CT検査(画像検査)
(1)CT検査
 空間分解能がきわめて高く,脾腫リンパ腫,白血病結節,骨髄腫などの腫瘤性病変やその浸潤像などの詳細な診断が可能である.出血傾向での組織内血腫や免疫低下状態での感染巣検索などにも有用である.リンパ腫でみられる腫瘤やリンパ節腫脹は多彩な形態をとるが,一般的には良好な造影効果を示し,中心壊死の少ない比較的均一な濃度であることが多い.
 多列の検出器を装備するMDCT(multi-detector row CT)では,短時間で全身の詳細なボリュームデータ(三次元データ)が得られ,任意の方向の断面像を検査後に再構成することが可能である.また,核医学画像との重ね合わせ像(融合画像)を作成することで,形態と機能の両面から病勢を判定することができる(図14-5-8).[今井 裕・橋本 順]

出典:内科学 第10版
©Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は原書刊行時(2013年)の時点での最新のものです.常に最新の内容であることを保証するものではありません。また,権利関係の都合で一部表示できない図や画像があります。

CT検査」の用語解説はコトバンクが提供しています。

CT検査の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.