Rakuten infoseek

辞書

CRP【シーアールピー】

デジタル大辞泉

シー‐アール‐ピー【CRP】[C-reactive protein]
C-reactive protein》C-反応性蛋白(たんぱく)。体内に炎症反応などが起きているときに血中に現れる蛋白質。リウマチ性疾患などの検査に利用する。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

生活習慣病用語辞典

CRP
C-reactive protein (C反応性蛋白質) のことで、炎症時に増加するたんぱく質。人体の一部に炎症が起きているときに、血液中に現れます。QUPiOではこの値が0.1mg/dl未満を正常値としています。

出典:あなたの健康をサポート QUPiO(クピオ)
Copyright (c) 2008-2010 Healthcare Committee, Inc. all rights reserved
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

CRP
〖Creactive protein〗
C 反応性タンパク。炎症・腫瘍または壊死をもつ患者の血清中にみられる血清タンパクの一種。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

内科学 第10版

CRP
C-reactive protein ,C反応性蛋白

出典:内科学 第10版
©Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は原書刊行時(2013年)の時点での最新のものです.常に最新の内容であることを保証するものではありません。また,権利関係の都合で一部表示できない図や画像があります。

CRP」の用語解説はコトバンクが提供しています。

CRPの関連情報

関連キーワード

遺伝性ポリニューロパチー辺縁系脳炎カウンセリング百日咳FPC化学発光用色素心肥大と拡張

他サービスで検索

「CRP」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.