辞書・百科辞典をはじめとする多数の辞書からすばやく簡単に| サービス一覧ヘルプ

CPC【しーぴーしー】

デジタル大辞泉

シー‐ピー‐シー【CPC】[Conflict Prevention Center]
Conflict Prevention Center》紛争防止センター。1990年11月のCSCE全欧安保協力会議)で設立された機関。本部はウィーン

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

シー‐ピー‐シー【CPC】[cost per click]
cost per clickインターネット広告における広告料金の単位の一。1クリック当たりの料金を指す。クリック単価。コストパークリック

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

DBM用語辞典

コスト・パー・コール【CPC Cost Per Call】
この数値はテレマーケティングの数値として利用される。1コール(電話)あたりにかかるコストのこと。テレマーケティングに携わる従業員のワークシートを作成して1人/1時間(人時)当りのコストを算出する。この人時費用を1時間当りの平均受信件数で除算すると1件受注当たり費用(CPC)が計算される。人時費用が3000円、1時間当たり注文が5件とするとCPCは600円になる。平均到達件数費用を算出する場合もある。現代は留守世帯が多い。1日の通話できた件数が100件、1日業務時間6時間とすると、1時間当たり16.7件。到達CPCは、180円(小数点以下四捨五入)になる。

出典:(株)ジェリコ・コンサルティング
Copyright (C) 2010 by Jericho Consulting Co.,Ltd. All Rights Reserved
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブランド用語集

CPC
CPCとはcost per clickの略で広告クリック1回あたりのコストのことをいう。

出典:(株)日本ブランド戦略研究所
(C) 2010 Japan Brand Strategy, Inc. All Rights Reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ホームページ制作用語集

CPC
Cost Per Clickの略。ネット広告の掲載料金の単位の一つで、クリック1回あたりの料金。インターネット広告費用対効果を表す指標の一つであり、クリック単価とも呼ぶ。

出典:(株)ネットプロ
Copyright© 2010 NETPRO Co., Ltd. All Rights Reserved
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

しーぴーしー【CPC】

出典:株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

CPC」の用語解説はコトバンクが提供しています。

CPCの関連情報

他サービスで検索

「CPC」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.