Rakuten infoseek

辞書

CMOSイメージセンサー【CMOSいめーじせんさー/しーもすいめーじせんさー/しーえむおーえすいめーじせんさー】

知恵蔵

CMOSイメージセンサー
CMOS(相補型金属酸化膜半導体)を使った固定撮像素子従来イメージセンサーといえばCCD(電荷結合素子)だった。これに代わり近年CMOSイメージセンサーへの期待が高まっている。複数の電源が必要なCCDイメージセンサーに対して、CMOSイメージセンサーは1つの電源で済み、消費電力が約1桁小さいのが特徴。また、他のLSIと共通な汎用CMOSプロセスで製造できるため、安価で高機能なイメージセンサーが実現可能。携帯電話の画像入力部品として使われている。
(荒川泰彦 東京大学教授 / 桜井貴康 東京大学教授 / 2007年)

出典:(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」

デジタル大辞泉

シーモス‐イメージセンサー【CMOSイメージセンサー】
CMOS image sensorCMOSを用いた撮像素子。デジタルカメラなどに利用される。CCDに比べて消費電力が小さい。CMOSセンサー

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

IT用語がわかる辞典

シーモスイメージセンサー【CMOSイメージセンサー】
CMOSを利用したイメージセンサー。デジタルカメラやビデオカメラなどに搭載される。CCDイメージセンサーに比べ消費電力が少ない。◇略して「CMOSセンサー」「CMOS」ともいう。

出典:講談社
(C)Kodansha 2011.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

CMOSイメージセンサー」の用語解説はコトバンクが提供しています。

CMOSイメージセンサーの関連情報

関連キーワード

CMOSCMOS RAM固体撮像素子裏面照射型CMOSセンサーCMOSセンサーデジタルカメラ撮像素子BIOSバックアップバッテリーCMOS

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.