Rakuten infoseek

辞書

CLO【CLO/しーえるおー】

知恵蔵

CLO
金融機関等が保有するローン社債などを特定目的会社(SPC)や信託などを利用して流動化・証券化する仕組み、またはその際に発行される証券のこと。流動化・証券化の対象となるのが、ローンである場合をCLO(ローン担保証券)、社債である場合をCBO(社債担保証券)と呼ぶ。CLO/CBOの具体的な仕組みは、まず特定目的会社や信託などを設定し、そこに金融機関等が保有するローンや社債などを売却。その特定目的会社や信託などが、出資証券や受益証券の形で小口化して販売することとなる。また、金融機関等との間で、対象となるローンや社債などのリスクを保証するクレジット・デリバティブ契約を結ぶ場合もある(シンセティックCLO/CBO)。この場合は、ローンや社債などが直接売却される訳ではないが、債務者が破綻などした場合に、あらかじめ契約に基づいて定められた支払金を金融機関等が受け取ることができる仕組みであるため、実質的にローンや社債などが売却されたのと同様の経済的効果が期待できる。
(吉川満 (株)大和総研常務理事 / 2007年)

出典:(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」

事業再生用語集

CLO
【Collateralized Loan Obligation】の略。 ローン担保証券。銀行が貸し出している企業向けの債権をひとまとめにし、そこから得られる金利収入(債務の回収)などを裏付けに債権を証券化したもの。まず銀行が信託銀行へ債権譲渡をし、譲渡代金を得る。信託銀行はその信託受益権をSPCに渡し、SPCはそれを証券化して市場に売り出す。投資家は銀行の債権に対して投資していることになるため、銀行が得る金利が投資家に配当されるという仕組み。

出典:(株)セントラル総合研究所

人事労務用語辞典

CLO
Chief Lerning Officer。企業における「最高教育責任者」「最高人材育成責任者」です。
(2006/8/7掲載)

出典:『日本の人事部』
Copyright © 2004- 2009 iQ. Co., Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

Clo

出典:株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版

CLO
〖collateralized loan obligation〗

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

CLO」の用語解説はコトバンクが提供しています。

CLOの関連情報

他サービスで検索

「CLO」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.