Rakuten infoseek

辞書

CIAM【シーアイエーエム】

デジタル大辞泉

シー‐アイ‐エー‐エム【CIAM】[Congrès Internationaux d'Architecture Moderne]
《〈フランスCongrès Internationaux d'Architecture Moderne近代建築国際会議欧州の建築家たちが集まり、1928年スイスで第1回会議を開催、1956年の第10回会議を最後解散

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

CIAM

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

しーあいえーえむ【CIAM】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

しあむ【CIAM】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

CIAM
しあむ
Congrs Internationaux d'Architecture Moderne(フランス語)の略称。近代建築国際会議。工業化と都市化を進める近代社会を背景にして、それに充足する合理的建築を推進させようとした建築家の国際的な連合組織。1928年、ギーディオンやル・コルビュジエを中心に、スイスのラ・サラの城館で結成された。「ラ・サラ宣言」において新時代の建築家の役割が確認されたのち、第二次世界大戦を挟んで各都市で10回の会議がもたれた。なかでも、都市の機能を「住居」「余暇」「労働」「交通」の四つに還元して整理づけた1933年第4回会議における「機能的都市」の綱領が知られている。新時代に向けての数々の提唱には評価すべきものがあったものの、近代合理主義がかならずしも生々しい都市の現実のすべてに即応できないことも時代とともに判明し、1956年第10回の会議において解体のやむなきに至った。[高見堅志郎]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

CIAM」の用語解説はコトバンクが提供しています。

CIAMの関連情報

関連キーワード

国際開発局ICE感覚ジェシカ ハウスナーコングレ記念塔エリオIADBIADBIDBIPU

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.