Rakuten infoseek

辞書

CGI【シー ジー アイ】

デジタル大辞泉

シー‐ジー‐アイ【CGI】[common gateway interface]
common gateway interfaceブラウザーの要求に応じて、ウェブサーバーがプログラムや計算を実行するための仕組み。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ホームページ制作用語集

CGI
Common Gateway Interfaceの略。Webサーバが、Webブラウザの要求に応じて、プログラムを起動するための仕組み。デザインと違い、ホームページ制作の内部に書き込んでいる。

出典:(株)ネットプロ
Copyright© 2010 NETPRO Co., Ltd. All Rights Reserved
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

IT用語がわかる辞典

シージーアイ【CGI】
ウェブサーバー上で、ウェブブラウザーが要求するプログラムを実行するための仕組み。検索エンジンの検索結果や電子掲示板の表示などに利用される。JavaScriptFlashと違い、ウェブサーバーがプログラムを実行するため、利用者のパソコンやオペレーティングシステム、ウェブブラウザーの種類にかかわらず利用できる。◇「common gateway interface」の頭文字から。

出典:講談社
(C)Kodansha 2011.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

CGI
〖Common Gateway Interface〗
ネットワークで、ブラウザーから要求されたプログラムをサーバー側で実行し、その実行結果を返す仕組み。ウェブ-サイトの来訪者数の表示や、データベースとの連携処理などに利用される。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

CGI
しーじーあい
ウェブサーバーが、ブラウザーからの命令で外部プログラムを使って処理を行うための仕組みの一つ。コモン・ゲートウェイ・インターフェースCommon Gateway Interfaceの略称である。
 ウェブサーバーの基本機能は文書表示などをするだけの静的なものであるが、そこに外部プログラムとの間で連携して処理を行うためのインターフェースであるCGIを組み込むことで、動的なページ(表示内容がその場で変化する)にすることができるようになる。情報の流れとしては、ユーザーのパソコンのブラウザーからウェブサーバーに命令が出される。それを受けたサーバーがHTMLに組み込まれたCGIによって、ゲートウェイ(ネットワークを中継する機器やソフトウェア)経由で外部プログラム(CGIプログラム)に処理を依頼する。その結果がHTMLとしてサーバーに出力され、ユーザーがそれをブラウザー上で確認できるようになる。CGIの使われる例としては、電子掲示板の読み書き、ウェブページ上でのアンケートへの回答、アクセスカウンターの累計、ブログシステムなどがあげられる。言語にはperl(パール)などがよく使われる。同様な働きをするものに、SSI(Server Side Include)やPHP(Hypertext Preprocessor)などのプログラム技術がある。[編集部]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

CGI」の用語解説はコトバンクが提供しています。

CGIの関連情報

関連キーワード

WebフォームWebセントリックマーケティングWebHTTP多変量着地ページ最適化WebサイトWebプレゼンス管理CookieマッシュアップWebプレゼンス

他サービスで検索

「CGI」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.