辞書・百科辞典をはじめとする多数の辞書からすばやく簡単に| サービス一覧ヘルプ

CD-ROM【しーでぃーろむ】

パソコンで困ったときに開く本

CD-ROM
音声以外のデータを記録したCDのことです。パソコンソフトを販売する際の媒体や雑誌の付録、古いゲーム機などでも使われています。CD-ROMドライブではデータを読むことはできても書き込むことはできません。
⇨CD

出典:(株)朝日新聞出版発行「パソコンで困ったときに開く本

DBM用語辞典

シーディー・ロム【CD-ROM Compact Disc-Read Only Memory】
コンパクトディスク・リード・オンリー・メモリーオプティカル(光学)ディスクのことで、通常は読みとり専用で書き込むことはできない。マルチメディア・データを600メガバイト以上収容できる。

出典:(株)ジェリコ・コンサルティング
Copyright (C) 2010 by Jericho Consulting Co.,Ltd. All Rights Reserved
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

カメラマン写真用語辞典

CD-ROM
Compact Disk Read Only Memory。 ROM (リード・オンリー・メモリー)は読みとり専用を意味するので、このタイプのCDにはデータの書き込みはできない。直径12センチのディスクにおよそ600MBのデータを収められる。

出典:カメラマンWeb
解説は執筆時の情報に基づいており、現時点で最新の内容であることを保証するものではありません。

IT用語がわかる辞典

シーディーロム【CD-ROM】
CDの規格のひとつ。読み出し専用で、コンピューターや家庭用ゲーム機のデータ記録に用いられる。記憶容量は直径12cmの場合、640MBから700MB。◇「compact disc read only memory」の頭文字から。

出典:講談社
(C)Kodansha 2011.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

しーでぃーろむ【CD-ROM】

出典:株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

CD-ROM
シーディーロム
compact disk-read only memory
オーディオ用コンパクトディスク (CD-DA) を利用して,音楽用信号の代りにコンピュータのデータ (コード) を記録し,コンピュータの読出し専用の外部記憶媒体としたもの。直径 12cmのディスク片面に 650MB前後 (利用者の使用可能な容量) のコンピュータ用デジタル情報が記録できる。記録メディアとして大容量の記録が可能,製造が容易,検索が容易などの特徴をもっている。このため辞書,百科事典,新聞,部品カタログ,文献情報などを CD-ROMに収録し,電子出版として提供する CD-ROMデータベースが出現して利用されている。また,コンピュータ・ゲームや各種のソフトウェアの収録媒体としても流通している。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

CD-ROM
しーでぃーろむ
コンパクトディスク(CD)による読み出し専用メモリーcompact disc read only memoryの略称。「コンパクト」という名称は、開発当時のアナログレコード盤に比べて小さかったことからつけられた。CDと同じ直径12センチメートル光ディスクに、650メガバイト以上の情報を記憶し、情報は1倍速で毎秒150キロバイト、24倍速で3.6メガバイト、72倍速で10.5メガバイトで転送される。オーディオ用のCD同様に、ユーザー側でデータの書き込みや更新はできないが、大容量の記録能力と安価な製作費から、過去のデータを蓄積した出版印刷物のような利用が多い。漢字辞書、英単語の辞書、地図、百科事典など各種の電子辞書・事典、特許情報、電話帳などのほか、法規・判例集、医薬情報、カタログ、名簿、マニュアル、図鑑類や、道路マップを記録してカー・ナビゲーションに使用するなど、用途は広い。CD-ROM読み出す装置にはパソコン用のCD-ROMドライブCD-ROMビューアのほか、CD-Iプレーヤーなどがある。また、CD-ROMは、動画も記録でき、多くの製品に使用されている。しかし、さらに大容量のDVD-ROMには対抗できないとして、密度・容量を2倍の1.3ギガバイトにしたDD(Double Density)CD-ROM/RWの規格が提案された。DDCD-ROMは、ソニーとオランダのフィリップス社によるもので、2000年9月からライセンス供与を開始したが、あまり普及しなかった。[岩田倫典]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

図書館情報学用語辞典

CD-ROM

出典:図書館情報学用語辞典 第4版
©All Rights Reserved, Copyright Nihon Toshokan Joho Gakkai, 2013 編者:日本図書館情報学会用語辞典編集委員会 編
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

CD-ROM」の用語解説はコトバンクが提供しています。

CD-ROMの関連情報

関連キーワード

サラウンドアンプフィリップス[会社]ISO 9660ライセンスCDCD-RWCD-ICD-ExtraCD-DACD-ROM XAスーパーオーディオCD

他サービスで検索

「CD-ROM」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.