Rakuten infoseek

辞書

CCDイメージセンサー【CCDいめーじせんさー/しーしーでぃーいめーじせんさー】

知恵蔵

CCDイメージセンサー
入力された光の強さに応じて電荷を発生する感光部と、電荷を転送できるMOS(金属酸化膜半導体)型コンデンサーを多数格子状に配列した固体撮像素子。各コンデンサーは隣のコンデンサーに電荷を移動できるように作られているため、電荷結合素子(CCD)と呼ばれる。CMOSイメージセンサーよりも高速、高感度なため動画の撮像素子として、ビデオカメラに使われている。
(荒川泰彦 東京大学教授 / 桜井貴康 東京大学教授 / 2007年)

出典:(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」

IT用語がわかる辞典

シーシーディーイメージセンサー【CCDイメージセンサー】
CCDを利用したイメージセンサー。デジタルカメラやビデオカメラなどに搭載される。CMOS(シーモス)イメージセンサーに比べ感度が高いが消費電力が大きい。◇略して「CCDセンサー」「CCD」ともいう。

出典:講談社
(C)Kodansha 2011.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

CCDイメージセンサー」の用語解説はコトバンクが提供しています。

CCDイメージセンサーの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.