Rakuten infoseek

辞書

BNCT(ホウ素中性子補足療法 )

PET検査用語集

BNCT(ホウ素中性子補足療法 )
がんの治療法の一つ。PETの原理を利用してがん細胞だけに特殊な薬剤(アミノ酸)をとりこませ、その部分に熱中性子という放射線を照射します。がん細胞 だけに取り込まれた薬剤にはホウ素が含まれていて、これが熱中性子とぶつかると核反応を起こし殺傷能力を持ったα線が放出されます。このα線が飛ぶ距離は 数ミクロンという短い距離で、これががん細胞だけを選択的に破壊すると言われています。外科手術の難しいがんに有効とされる治療法ですが、まだ新しく一部 の病院で限られた場合にのみ実施されています。

出典:PET検査ネット
copyright(c) pet-net.jp All Rights Reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

BNCT(ホウ素中性子補足療法 )」の用語解説はコトバンクが提供しています。

BNCT(ホウ素中性子補足療法 )の関連情報

関連キーワード

ポリエステルFDGPET-CT慢性疲労症候群アミロイドPETPET陽電子放射断層撮影医療被曝PETとCT分子イメージング

他サービスで検索

「BNCT(ホウ素中性子補足療法 )」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.