Rakuten infoseek

辞書

BC級戦犯【ビーシーキュウセンパン】

デジタル大辞泉

ビーシーきゅう‐せんぱん〔‐キフ‐〕【BC級戦犯】
第二次大戦後、連合国が訴追したB級戦犯とC級戦犯の総称。B級戦犯は、戦争法規または慣例に違反したとする「通例の戦争犯罪」に該当する者、C級戦犯は「人道に対する罪」に該当する者とされた。→A級戦犯戦争犯罪極東国際軍事裁判

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

朝日新聞掲載「キーワード」

BC級戦犯
捕虜虐待など「通例の戦争犯罪」「人道に対する罪」を犯したとして、連合国7カ国の軍事裁判で有罪判決を受けた人々。裁判は1945年10月から51年4月まで東アジア各地で開かれ、被告は5700人にのぼった。死刑984人、無期刑475人、有期刑2944人、無罪1018人など。泰緬鉄道建設をめぐっては、30人を超える捕虜収容所関係者が絞首刑となった。戦争指導者が「平和に対する罪」で裁かれたA級戦犯とは区別される。
(2017-08-17 朝日新聞 朝刊 1社会)

出典:朝日新聞掲載「キーワード」

BC級戦犯
捕虜虐待など「通例の戦争犯罪」を犯したとして、連合国7カ国の軍事裁判で有罪判決を受けた人々。裁判は1945年10月から51年4月まで東アジア各地で開かれ、被告は5700人。そのうち朝鮮半島出身者は148人で、23人に死刑が執行された。戦争指導者が「平和に対する罪」で裁かれたA級戦犯とは区別される。
(2018-12-21 朝日新聞 夕刊 1社会)

出典:朝日新聞掲載「キーワード」

BC級戦犯」の用語解説はコトバンクが提供しています。

BC級戦犯の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.