Rakuten infoseek

辞書

B2B【ビー ツー ビー】

知恵蔵

B2B
Business to Businessの略。インターネットの普及で変化した企業と消費者とのかかわり方を端的に表現するために生まれた用語の一つであり、「企業間取引」を意味する。複数の企業における商取引は長い歴史を持つが、B2Bといった場合にはこれらの取引全般を差すのではなく、インターネットを介したものに限定するのが通例である。
同カテゴリの語には「B2C」「C2C」などがある。「B」は「Business」(企業)、「C」は「Consumer」(一般消費者)の頭文字である。B2Bは企業同士の取引であるため、オンライン決済システムの提供や電子商取引用のホームページそのものの構築といった、一般消費者向けとは根本的に異なるものもあるが、その一方でオフィス用のパソコンや、文房具の通販といった、一般消費者向けと明確に区分することが難しい商材を扱っている場合もある。一般消費者向けと共通の商材を扱う場合、ホームページのトップに「法人向け」「個人向け」などというボタンを設置し、顧客を振り分けるシステムを採用していることが多い。この場合「法人向け」とされているページでは低コストの実用本位の製品が主として扱われ、「個人向け」では凝ったデザインの多機能型の製品が扱われる。ただし、製品の性格が微妙に異なるだけで、販売システムなどに違いが見られることはほとんどない。企業ではこのような形態を取ることにより、より多くの質の異なる顧客に対するサービスを同一のシステムで提供しようとしている。
(高安正明  ITライター / 2010年)

出典:(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」

ビジネス用語集

B2B
B2BはBtoBとも表記され、EC(電子商取引)における、企業(business)間取引のことを指します。

具体例としては、製品メーカーと商社の取引や、卸問屋と小売店の間など、企業間の取引がB2B(BtoB)に該当します。

一般消費者を「C」(Consumer)と呼んでいて、企業と一般消費者間の取引をB2C(BtoC)、一般消費者同士の取引をC2C(CtoC)と呼んでいます。

インターネットを介した取引が増加したことによって、従来あまり想定されなかった取引(C2C)などが増えてきて、「B」や「C」と呼んで区別する必要性が高まったともいえます。

応用してBtoBtoC(2社の企業を経由して一般消費者に商品が届く形態)などと言うこともあります。

出典:転職.jp

ブランド用語集

B2B
B2BとはB to Bのことをいう。B to Bの項参照。

出典:(株)トライベック・ブランド戦略研究所
(C) 2018 Tribeck Brand Strategies,Inc. All Rights Reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

B2B
B to B

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

B2B」の用語解説はコトバンクが提供しています。

B2Bの関連情報

関連キーワード

GtoB電子商取引ECB to Bミッチェルオフィスオートメーション電子商取引O2OB2C

他サービスで検索

「B2B」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.