Rakuten infoseek

辞書

AYA世代【アヤセダイ】

デジタル大辞泉

アヤ‐せだい【AYA世代】
AYAはadolescents and young adults(思春期と若年成人)の略》がん患者のうち、15歳から30歳または40歳前後までの人。
[補説]一般に小児がんの対象となる年齢からは外れており、また成人のがん患者としては若年であることから、受診できる医療機関が少なかったり、公的な支援が受けにくかったりするなどの問題がある。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

エーワイエー‐せだい【AYA世代】

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

AYA世代
あやせだい
思春期・若年成人(おおむね15~29歳。15~39歳と定義されることもある)をさす。とくにがん医療において用いられる語。AYAはadolescent and young adultの略である。
 AYA世代は小児から成人への移行期にあたり、小児(15歳未満)に多く発生するがんと、成人に多く発生するがんのいずれも発生しうるが、患者数はきわめて少なく(国立がん研究センターによると、2012年(平成24)の15~39歳のがん罹患(りかん)者数は全国で約2万人、全体の2.49%にとどまる)、この世代のがん診療の専門家も限られており、最適かつ効果の高い治療法が十分に確立していないなど、ほかの世代のがんとは異なる特徴をもつ。成長・発達段階で発症するがんであり、身体的な影響(がんそのものに加え、治療に伴う生殖機能への影響、二次がんなどの晩期合併症など)、社会的な影響(通勤や通学、就職、家族との関係、結婚や出産、経済的な負担など)をはじめとしてさまざまな課題を抱えており、多様なニーズに包括的・継続的に対応するための体制の構築やさらなる充実が求められている。
 日本においては、2015年に全国に先駆けて静岡県立静岡がんセンターに「AYA世代病棟」が設置されるなど、この世代のがんへの支援体制が少しずつ拡充されている。AYA世代は、進学・就職・結婚・出産など複数のライフイベントを迎える時期でもあり、それらに関する情報提供・相談体制の整備はいまだ十分ではないため、がん対策基本法に基づいて策定される「がん対策推進基本計画(第3期)」では、小児がん、高齢者のがんと並び、AYA世代のがん対策が重要な施策の一つとして位置づけられている。[渡邊清高]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

AYA世代」の用語解説はコトバンクが提供しています。

AYA世代の関連情報

関連キーワード

AYA生存率肥満児袈裟聖ゲオルギオス大聖堂I WISHシャマシュ原爆の図 丸木美術館

他サービスで検索

「AYA世代」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.